紗栄子は1億円だった!? 剛力彩芽、前澤氏からの「高額手切れ金」に税務署が熱視線

拡大画像を見る

 どうやって「清算」したのかに世間の注目が集まっている。
 
 かねてよりオープンな交際で話題を振りまいてきた女優の剛力彩芽とZOZO創業者・前澤友作氏が破局した。

「以前はテレビにひっぱりだこだった剛力だが、前澤氏と交際して以降、イメージが悪化。10社以上と契約していたスポンサー契約が解消となり、レギュラー番組も1本だけになってしまった。以前は月給200万円ほどだったのが、前澤氏との時間を増やすために、歩合制に変更。その結果、収入は月30万円程度に激減することになった。テレビ大阪で放送中の山本耕史主演ドラマ『抱かれたい12人の女たち』の最終話にゲスト出演することが決まっていますが、以前のようなゴリ押しはさすがに難しいでしょうね」(スポーツ紙記者)

 破局原因は、前澤氏の女遊びだといい、「週刊文春」(文藝春秋)では秘書に応募した人妻と前澤氏が関係を持ったことが報じられてもいる。

「一部メディアは慰謝料がないと報じましたが、それはあくまで表向き。剛力としては仕事を失ったうえに、精神的苦痛も味わっている。一説には剛力の前に交際していたタレントの紗栄子には1億円の手切れ金が支払われたとも言われ、過去に破局した女性たちには都内一等地のマンションを一棟ごとプレゼントしていたとの噂もある。剛力にも億単位の高額な手切れ金が渡されていても驚きません」(前出の記者)

 最近ではチュートリアル・徳井義実の申告漏れが話題となったばかりだが、剛力についても税務署が目を光らせている可能性があるという。

「慰謝料(慰藉料)は精神的打撃に対する損害賠償ですから、法律上、課税されません。しかし、金額があまりに過大なら贈与税を課税されます。贈与税の対象は110万円を越える部分ですから、余裕でオーバーするはず。剛力が仮に手切れ金をもらっていたなら、適切な税務処理が必要になりそうです」(週刊誌記者)

 大富豪と女優のスケール感あふれる恋愛劇。できれば結末まで、オープンにしてほしいところだ。

  • 11/15 10:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます