水卜麻美アナ、生放送での号泣に加藤浩次「なにかあった?」心配顔に

拡大画像を見る

 11月13日放送の『スッキリ』で、水卜麻美アナウンサー(32)が突然、泣き始め、MCの加藤浩次(50)らを驚かせる場面があった。

 この日は“HARUNAまとめ”のコーナーに、歌手の森山直太朗(43)がスタジオに登場。これまでの活躍がVTRで紹介され、2003年のヒット曲である『さくら(独唱)』が、同局のドラマ『同期のサクラ』の主題歌に『さくら(二〇一九)』として、新たにアレンジされて使われていることが伝えられた。

 ここで『同期のサクラ』で主演を務める高畑充希(27)の、「自分の出ているドラマなんですけど、“僕らは~”ってきた瞬間、泣いちゃう。直太朗さんの声って性別を超えてるっていうか、神様みたい」というコメントが紹介された。その後、森山と加藤らでトークが繰り広げられ、生歌が披露されたところ、歌の途中で水卜アナが何度も涙をぬぐう仕草が映し出された。

 歌が終わり、加藤が泣いていたことを指摘すると、水卜アナは「やばい……ごめんなさい……人生の節目節目を思い出す曲ですね。それこそ学生のときからずっと……大事なときに必ず聞く歌じゃないですか。卒業式とか」とコメント。さらに加藤が「どういう涙だったんですか?」と問うと、水卜アナはティッシュで涙をふきながら「なんか……いろんな良い人と出会って生きてきたなって感じ」「友達とか同期とか……」と答え、出演者たちは思わず笑い声をあげていた。

 そんな水卜アナに対し、森山は「本当に、こんなに素直に感情を表現していただけて、本当にうれしいです。ありがとうございます。本当に」と感謝の言葉を述べた。これに水卜アナが「こんなにすてきな歌をここで、目の前で届けてくださって本当に感謝しています。ありがとうございました」と返すと、近藤春菜に(36)に促されるまま、森山と握手を交わしていた。

 その後、番組は“クイズッス”のコーナーに移ったが、加藤の水卜アナいじりは止まらず。「“さくら並木の道の上で”の、(歌詞の)2行目でもう(泣いてた)」とツッコまれ、水卜アナは「やめてよ」と恥ずかしがった。さらに加藤が「なにかあったか?」「涙腺弱ってる?」と聞くと、水卜アナは「そうなのかもしれないです」と、弱々しい声で答えていた。

関連リンク

  • 11/15 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 快盗百面相

    11/19 2:17

    水卜ちゃんには幸せになって欲しい!

  • 生放送の番組で泣いてしまった場合、弄ってもらった方が良いですよね。

  • 水卜ちゃんにも色々あるんだよ…(笑)

記事の無断転載を禁じます