木下優樹菜、「タピオカ問題」で猛批判も「かたくなに謹慎しない理由」!

拡大画像を見る

 自身の姉が勤務していたタピオカドリンク店オーナーとのトラブルに批判が集中している木下優樹菜。

「姉に盗みの疑いを賭けられた」「姉の給料が不払いにされた」など、木下にも言い分があるようだが、何より問題視されているのは木下がオーナーにインスタグラムのダイレクトメッセージで送ったとみられる「恫喝DM」だ。タピオカ店経営者を〈色々頭悪すぎな〉〈いい年こいたばばあ〉と中傷した上、〈これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〉と所属事務所の力をチラつかせているのだ。

 そんな木下を巡ってテレビ業界で話題になっているのが「かたくなに謹慎しない理由」。レギュラー出演している「モニタリング」(TBS系)のほか、10月30日にはフジテレビ系の新番組『BACK TO SCHOOL!』に出演するなどテレビでの活動は「平常運転」の木下について「『謹慎しないほうが得策』との考えがあるのでしょうね」と指摘するのはテレビ関係者だ。続けてこう話す。

「なかなかワイドショーで報じられないため、批判の声がネット上に限定されるのが『申告漏れ』で謹慎に追い込まれたチュートリアル・徳井義実と違うところ。さらに木下の場合、ヤンチャな『ヤンキーキャラ』で売ってきたため、ここで謹慎してしまうと今度はそのイメージに傷がつく懸念がある。今後もかたくなに謹慎しないと思いますよ」

 はたしてネット上の猛批判に耐えきれるか。

(牧マコト)

関連リンク

  • 11/1 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 視聴者がそっぽを向いて芸能界から必要とされなければ、放置しといてもフェイド・アウトでしょうけど。だいたいネット上で騒いでいる人々って、動画は視てもテレビとか視ないでしょ、今は。

  • (忘れ物ですよー)つ〈おばたん♥〉

記事の無断転載を禁じます