寒空の下、ホームレスの5歳児がひとり炊き出しを食べる姿に人々が涙(アイルランド)

拡大画像を見る

アイルランドのダブリンを拠点にホームレスを支援しているボランティア団体「The Homeless Street Cafe」は、毎週火曜日にホームレスの人達のために炊き出しを行っている。

今月15日に街で行った炊き出しには多くのホームレスの人達が集まったが、その中に5歳ほどと見られる男児の姿があった。

男児はボランティアからその日の炊き出しであるカルボナーラをもらうと、気温が4度と寒い夜空の下、路上に敷かれていた段ボールに座ってひとりで食事を始めた。その姿を見たボランティアスタッフは、いたたまれない気持ちになった。

男児は現在、調理器具が備え付けられていない緊急避難用施設で暮らしており、学校が終わると時々炊き出しの場所まで来てひとりで夕食をとっているとのことだ。ボランティアスタッフらはこの男児を仮の名で「サム」と呼び、食事をしているサムの後ろ姿の写真をFacebookに投稿して次のように綴った。

「今日は(炊き出しで)本当に忙しい夜でした。しかし疲れているはずなのに、今夜会った男児のことが頭に焼き付いていて、ベッドに入っても寝つけませんでした。これはどう考えても間違っているし、悲惨なことです。毎週ごとに現状はひどくなっている。」

「サムはまだ5歳で、今夜の夕食であるカルボナーラを1枚の段ボールの上で食べています。この現状を受け入れることができますか?」

この投稿には多くの人が心を痛めたようで、「自分も同じくらいの息子がいるけど、これは悲しすぎる」「あまりにも可愛そうな写真だけど、これは現実として多くの貧困があることを表している」といった意見のほかに、「この少年と彼のママを定期的にうちへ食事に招待することができますか」という声が寄せられた。

さらに別のホームレス支援団体「Feed Our Homeless」の炊き出しにもサムは食事を求めて訪れており、彼らもまたFacebookで子どもの貧困問題について訴えていた。サムの写真はメディアでも取り上げられるようになり、アイルランドの貧困問題が浮き彫りとなった。

『TheJournal.ie』によると、今年3月の調査でアイルランドでは緊急避難用施設で暮らす子供が3821人もいるという。多くの人がこのような現状に十分な対策を取らない政府に対して「国の不名誉だ」と嘆いている。

ちなみに日本では厚生労働省の2015年の調査によると、子どもの貧困率が13.9パーセントと7人に1人の子どもが貧困であり、さらにひとり親家庭の貧困率は50.8パーセントと先進国の中でも最悪なレベルであることが判明している。アイルランドの子どもの貧困問題は決して他人事としては済まされない問題かもしれない。

画像は『The Homeless Street Cafe 2019年10月15日付Facebook「We are home after another incredibly busy night.」』『Feed Our Homeless 2019年10月17日付Facebook「Heart breaking. There is no words for these photos tonight.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 10/23 5:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

13
  • Scarlet Star☆

    10/25 15:42

    お門違いのクズが多いね、日本人には。 あれ?本当に日本人?

  • 笑ってるコメントしてるやつ最低すぎてやっぱりクソだな。

  • ぱおぱ

    10/24 14:40

    悲しい事だけど、日本にも貧困は確かに有る。けど、五歳児が一人でホームレス支援団体の炊き出しに来て、一人で食べてるのを保護しない団体は無いと思う。この投稿者は何故、Facebookになんか投稿者する前に、養護施設や孤児院、行政に連絡しないのだろうか?何故、保護者の存在を確認しないのだろうか?

記事の無断転載を禁じます