松本人志の「クレイジー…」投稿が反響 復活願う声殺到「視聴者動きます」

拡大画像を見る

 ダウンタウン・松本人志が21日夜、ツイッターを更新。やらせ問題で打ち切りが発表された自身がMCを務めるTBS系「クレイジージャーニー」について、「全てがヤラセだったと誤解しないで下さい」などと訴えた。この投稿には投稿から21時間で40万件を超える「いいね!」を記録。「違う形でまた見たい」などと復活を願う声が多数寄せられている。

 松本はTBSが21日に「放送終了」を発表したことを受け、「ひとつ お願いがあります。全てのクレイジージャーニーがヤラセだったと誤解しないで下さい。あの番組ではマジの素晴らしいクレイジージャーニー達とたくさん出会えました。」「そして設楽や小池とまた一緒に仕事したいです。」「願いがふたつになってしまいました。」とツイートした。

 松本のツイッターには「またクレイジーな番組をやってほしいですね」「3人の掛け合いが大好きでした」「復活希望です!!」「また違う形でやってほしい」「タイトルだけ変えて番組続けて欲しいです」などの声が続々。

 やらせ発覚で放送予定当日に“お蔵入り”となってしまったエアレース・パイロットの室屋義秀さんや、危険地帯ジャーナリストとして出演する丸山ゴンザレスさんらの名前を挙げ、何らかの形で“復活”を熱望するメッセージも寄せられている。

 中には、吉本興業の闇営業騒動で「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます」とツイートしたのになぞらえるように、「松本さん不安よな 視聴者動きます」というコメントも届いていた。

関連リンク

  • 10/22 18:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます