『即位礼正殿の儀』の前に撮影された3枚 まさかの光景に「神話級の出来事」

拡大画像を見る

2019年5月1日に皇太子の徳仁さまが新しい天皇陛下に即位され、同年10月22日には国内外に即位を宣言する『即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)』が執り行われました。

当日は雨が降っていましたが、儀式の始まる30分前には晴天に。その時、油彩画家のたえ(@taeyanagisawa)さんが撮影した東京の景色が話題となっています。

儀式の前、東京の街はなんと…。

美しい虹に包まれていたのです!

投稿には、「街全体が虹色に輝いているみたい!」「マジか…鳥肌ものだ…」「天照大御神も天皇の即位を祝福しているのでしょう」などの感想が相次ぎました。

また、近い時刻に空を見ていた人たちからは「皇居を包み込むようだった」「これは神話並みの出来事」「吉祥に違いない。ありがたや」などの声も上がっています。

類まれなタイミングで現れた虹。神々しい光景に、心洗われますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @taeyanagisawa

関連リンク

  • 10/22 16:06
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 綺麗ですね^_^ コレもずっと後に【神話】になったりするのかなぁ🌈

  • 単なる偶然だ

  • 日本書紀にはタクハタノヒメミコが姦通の噂を流されて自害した時に虹が出たというお話もあるそうです。ただの自然現象の虹を都合よく瑞兆に結び付ける態度はいかがなものか。

記事の無断転載を禁じます