原巨人の日本シリーズ2連敗はセ・リーグにとって「歴史的負け」だった

拡大画像を見る

「やられたら、やり返せば…」「甘いところに(投球が)行けば打たれる。甘いところにきかなきゃいいのよ!」

 日本シリーズ第2戦も落とし、連敗スタートとなったセ・リーグの覇者・巨人。試合後、ソフトバンク打線の猛攻を止められず、原辰徳監督はまくし立てるようにそう口走っていたが、この一戦は単に「パ強セ弱」の傾向を示しているだけではなかった。20日のシリーズ第2戦を落としたことで、プロ野球の歴史が変わったのだ。

 現在、日本シリーズの通算勝敗はパ・リーグチームの203勝202敗8分け。つまり、19日の第1戦にソフトバンクが勝ってパの勝率を5割とし、第2戦の連勝でついに“逆転”した。

 1950年に日本シリーズが始まって以来、一時的に、あるいはシリーズ中の瞬間的にパ・リーグの勝数が上回ったことはある。しかし、巨人のV9の歴史に象徴されるように「セ・リーグ優勝」の時代が長く続いていた。
 
「2013年、星野仙一監督の率いる楽天が巨人に勝利してからは、6年連続でパ球団から日本一が誕生しています」(スポーツ紙記者)

 80年代の西武黄金期、05年の交流戦導入以降はパ優勢が続いたこともあり、パ・リーグは日本シリーズの勝ち試合数をジリジリと積み上げてきた。

 平成の30年でみれば、パ・リーグの92勝80敗3分。野村ID時代のヤクルト、第二期原政権などが健闘したものの、その“貯金”も完全に吐き出してしまった。02年原巨人が西武に4タテした年もあったが、05年、阪神が千葉ロッテに1勝もできずに終わった年もある。

 12年の原巨人以降、セ・リーグから日本一が出ていない。原監督の怒りはチームの不甲斐なさだけではなく、歴史に汚名を残す屈辱もあったのかもしれない。

 思えば、南海が阪神を4勝3敗で下し44勝44敗3分けと並んだのが64年。が、65年は巨人がいきなり3連勝、その後もシリーズ9連覇するなど、73年時点では、セ・リーグは最大23勝の圧倒的な差をつけていたのだ。

 セ・リーグの歴史とプライドのためにも、原監督は何としても逆転日本一を手にしたいところだろう。

(スポーツライター・飯山満)

関連リンク

  • 10/21 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 😔わしは、どっちかと言えば、阪神ファン、元、近鉄ファン、一言、言いたい、王貞治の裏切り者とだけ、

  • ばんび

    10/22 19:41

    巨人負けろ(^w^)

  • トリトン

    10/22 7:40

    まあ勢いもあるけど昔巨人は弱いとか言って逆転されたのがあったけど言わないだろうね(笑)

記事の無断転載を禁じます