西田敏行が緊急降板『ナイトスクープ』、元探偵激怒!深刻劣化のウラ

拡大画像を見る

 俳優の西田敏行(71)が、10月18日放送の『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ系)の中で、11月22日の放送を最後に番組を降板する番組を降板することを発表した。りゆうについて西田は「11月22日の放送で詳しく申し上げたい」と述べている。

 西田は、初代探偵局長の上岡龍太郎(77)の後任として、2001年1月から約19年にわたり、2代目局長を務めていた。

 この発表にネットでは、「ただただ悲しい。あの涙は嘘じゃないから涙も人柄も一杯溢れてるから」「最初は上岡局長とのギャップに戸惑ったけど、自然と馴染んでいったなぁ……」と、長年局長を務めた西田の降板を悲しむ声が相次いで上がった。

「西田さんの体調を心配する声や、3代目局長が誰になるのかなど、番組の今後を案ずるさまざまな声が飛んでいます。ただ、それ以上に深刻なことがあります。それは、ここ最近の番組内容の劣化ですよ。30年以上の歴史ある番組ですが、西田局長の降板で、いずれ番組の存続も危ういのではないか、と関係者の間ではささやかれています」(制作会社関係者)

『ナイトスクープ』は1988年3月より放送がスタート。過去には日本民間放送連盟賞最優秀賞を2度受賞したほか、90年代には30%近い視聴率を記録することもあった伝説的番組として知られる。

「『ナイトスクープ』はバラエティ番組ではありますが、寄せられた視聴者の依頼を、探偵とスタッフが一丸となって真剣に解決する番組で、その必死で取り組む過程が最大の見所でした。ところが、ここ最近は、視聴者からの依頼を探偵が解決せずに、ウヤムヤにして終わる回もあります。特に放送作家のA氏が担当する回は、企画がグダグダのまま終了することもあり、視聴者から“ポンコツ”との批判の声も上がっています」(前出の制作会社関係者)

 6月7日放送の『ナイトスクープ』では、「鍋でキュウリを茹でると熱々になる理由を調べてほしい」という依頼で、ハライチの澤部佑(33)とA氏が担当となり調査を開始。しかし、実際にキュウリを茹ででみても普通の熱さにしかならず、企画は盛り上がることがなく、何とかしようとした澤部が、A氏らスタッフのポンコツぶりをイジるという展開に。最後には澤部がA氏らとともにダンスを披露して終了という、グダグダな放送内容となった。

■落語家・桂小枝も『ナイトスクープ』に苦言を呈す

 1988年7月から2013年9月まで25年もの間、『ナイトスクープ』で探偵を務めていた落語家の桂小枝(64)は、この日の放送を見て自身のツイッターを更新。

「ボクが言うのはなんですが 探偵ナイトスクープおもんない! 情けない〜 なんでこうなったの~ おもんない〜」「ボクは探偵ナイトスクープ毎週自分が出てるかもと毎週見てました もう、見ません、面白く無いもん」「なんで? こんなスバラシイ番組をなんでこんな事にしてしまったの? 探偵のナレナレの調査もあかんし、局長のなんでも褒めるスタンスもアカン」と苦言を呈し、このツイートはネットニュースにも取り上げられ、話題を呼んだ。

 小枝のツイートに対し、視聴者からも「確かに最近のナイトスクープはパンチ無い」「番組を愛してるからこその苦言。この小枝さんのツイートが、少なからず話題になり、番組スタッフに良い刺激になることを祈ってます」といった賛同の声が上がった。

 制作会社関係者が話す。

「以前は、探偵とスタッフが依頼に対して粘り強く一生懸命取り組み、奇跡を起こす“神回”も多々あった。ですが最近の『ナイトスクープ』は、スタッフのポンコツぶりをイジったりと、いわゆるバラエティ番組のノリが出てきています。“ポンコツ”でイジられるA氏個人が悪いということではなく、それで“よし”としてしまっている番組の姿勢の問題だと思います。

 また、小枝さんは“なんでも褒めるスタンスはアカン”と、西田さんについても批判しています。確かに、上岡さんが局長を務めていたときには、スタジオやロケ現場には緊張感があり、会議ではスタッフ同士が殴り合いのケンカをすることもあったほどだそうです。94年4月に放送された『恐怖の幽霊下宿』という依頼では、上岡さんが、幽霊がいるのかいないのか、実証や結論を出さずにふざけたVTRを流したと激怒してスタジオから退場したこともありました。この依頼を担当していたのが小枝探偵でした。そのため、ここ最近の『ナイトスクープ』の体たらくにツイートせずにはいられなかったのでしょう」

 西田の局長降板、3代目局長の就任をきっかけに、『ナイトスクープ』はかつての質、勢いを取り戻すことはできるのであろうか!?

関連リンク

  • 10/21 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • エッコ

    10/23 17:53

    昔よりコンプライアンスとか厳しくなったのも一つの理由かも。一般人に慎重な対応せざるを得ないし。昔はドッキリも突然何の関係も無さそうな一般人に突然仕掛けてた事も多かった様に見えたけど(仕込みかも知れんが)、もう出来ないもんなぁ。

  • 自分も昔より面白くないと思うけど探偵さんじゃなくて番組制作側の劣化なんでしょうかね?┐('~`;)┌

  • 脱走兵

    10/22 20:22

    単純にカネが無いから1日のロケで済まさざるを得ないからじゃない?昔あった全国の『アホ』と『バカ』の境目を調べたりするのなんかは時間もカネもかかっただろう。イッテQやクレージージャーニーの海外ロケでヤラセが行われるのもカネが無いから時間を取れないのが理由だろうし。

記事の無断転載を禁じます