日本レコード大賞で乃木坂46の3連覇を阻むか? 大穴候補として急浮上した”実力派歌手”の正体

拡大画像を見る

 今年の『NHK紅白歌合戦』の総合司会が3年連続でウッチャンナンチャンの内村光良に、紅組司会が綾瀬はるか、白組司会がジャニー事務所の人気グループ・嵐の櫻井翔に決定するなど、音楽業界も年末に向けて慌ただしい動きを見せている。

 そんな中、音楽界最大の賞レースと言われる「日本レコード大賞」の行方も気になるところだ。

「ここ2年は乃木坂46が連続で大賞を受賞していますが、今年も際立つようなメガヒット曲はなく、乃木坂46の3連覇が有力視されています」(スポーツ紙音楽担当記者)

 その一方で、今夏にはレコ大に大きな影響力を持つと言われる大手芸能事務所社長のX氏のある行動が、音楽業界内に波紋を広げていることは当サイトでも報じている。

「X社長といえば、毎年自身がプッシュしているアーティストのシールが貼られた高級スイカを日頃懇意にしている業界関係者、マスコミ関係者にお中元として贈ることで知られています。それが、今年は天童よしみさんのシールだったことが大きな謎を呼んだんです」(前出の記者)

 それと言うもの、そもそもX氏が過去にお中元のスイカにシールを貼り、自身がプッシュしていることをアピールしていたアーティストは、「レコ大」の最優秀新人賞を狙う売り出し中の新人アーティストやグループというのが大半で、すでに輝かしい実績やキャリアを誇るベテラン歌手の天童を今さら推すこと自体が違和感ありありなのだ。

 さらに、前出のスポーツ紙の記者はこう語る。

「X社長と天童さんは業界歴も長く、当然交流はあり、以前に天童さんが自身のお母さんをX社長に紹介するなど関係性は悪くないとはいえ、蜜月の仲かというと微妙です。加えて、レコ大に関して言えば、天童さんはすでに一昨年に『最優秀歌唱賞』を受賞していますし、今年是が非でも『大賞』を狙っているという気配もないですしね」

 そうした折、ここに来て注目を集めているのが天童が新曲でタッグを組んでいるアーティストの存在とか。

「天童さんは今夏に新曲の『大阪恋時雨』をリリースしましたが、この曲を作詞、作曲し、楽曲提供しているシンガーソングライターの半崎美子さんです。半崎さんは長い下積み時代からショッピングモールで歌い続けて“ショッピングモールの歌姫”として人気に火がつき、17年に晴れてメジャーデビューを果たしました」(女性誌記者)

 半崎はメジャーデビュー後は大手芸能事務所サンミュージックと業務提携し、日本有線大賞で新人賞を獲得後、人気番組『情熱大陸』(TBS系)で取り上げるれるなど露出を増やすも、今年1月に同社との業務提携を解消している。

「現在はサンミュージック時代の元マネジャーが彼女の個人事務所に移りサポートする形で、シンガーソングライターとして活動を続けています。元々、半崎さんの類まれなる歌唱力は桑田佳祐さんや笑福亭鶴瓶さんといった業界の大物たちも高く評価していたのですが、じつはX社長も以前から半崎さんの実力を買っていたという噂もあるんですよ」(音楽業界関係者)

 最近では双方のイベントにゲストとして出演し、同曲をデュエットするなどコラボを活性化させている天童と半崎だが、「紅白」や「レコ大」での活躍も期待できそうだ。

  • 10/21 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8

記事の無断転載を禁じます