多剤併用は危険!「飲むと死ぬクスリ」最新リスト

拡大画像を見る

 今年6月、厚生労働省は「高齢者の医薬品適正使用の指針」を作成し、高齢者が服用する薬の数を減らすことを提唱。全国自治体に、管下の病院、薬局などに、この指針を伝えるようにと公表した。

 この動きを受け、今年3月に著書『薬剤師の本音ー65歳を過ぎたら飲んではいけない薬』(宝島社)を出版した薬剤師の宇多川久美子氏は、こう警告する。「ほとんどの薬は合成化合物で体にとっては異物。ですから、1剤だけでもリスクがあります。しかも、多剤併用で数が増えるほど、各薬の成分併用による副作用のリスクも高まります。そして高齢者ほど薬の成分の代謝・排出機能は低下するので、副作用のリスクはより高まります。しかも薬を飲むほど体温を下げ、免疫力は下がります」

 ところが、厚労省の調査によれば高齢になるほどたくさん飲むようになり、75歳以上の約25%が7種類、40%以上が5種類以上の薬を処方されているという。

 宇多川氏によれば、4錠でも危険だという。その結果、起きる最大のリスクが副作用による死であるわけだが、驚くなかれ、我が国におけるその数は、最大年間10万人を超えていると宇多川氏は見る。

「トロント大学の研究報告によると、米国では年間推定10万6000人が処方薬の副作用で亡くなっているといいます。医療費が高く、1剤処方中心の米国で、この数字です。5剤以上が珍しくない我が国では、人口比に占める副作用の死亡割合は、もっと高いはずですから」(前同)

 これでは、厚労省が「減薬」にむけ警鐘を鳴らすのも無理はない。では、中でも、どんな薬が特に危ないのだろうか。

 まずは、冒頭の指針の中でも代表的な薬として名前が上げられている、認知症治療薬、骨粗鬆症薬から見てみよう。

「フランス政府は昨年8月、我が国でも処方されている4種類の認知症治療薬を保険の適用から外しました。長期使用の効果がほぼないうえ、消化器、循環器、精神神経系への副作用のリスクが、メリットを上回ると判断したからです」(同)

 その4種類の中に、アリセプト、レミニールが入っている。他の2種は「イクセロン」「エビクサ」だ。

 そして、『断薬のススメー薬の毒を卒業するたった一つの方法』(KKベストセラーズ)の著書もある「Tokyo DD Clinic」(東京都台東区)院長の内海聡氏は、骨粗鬆症薬について解説する。「アゴや歯が壊死するなどと指摘されている代表的な骨粗鬆症薬がボロナン、フォサマック、ベネットなどのビスホスホネート製剤です。そもそも、これらの薬、骨が強くならないというデータもあるくらいです」

■あなたの薬は大丈夫? 降圧剤にも注意

 高血圧と診断されたときに処方される降圧剤にも危険性がある。

「高齢になれば血圧が高くなるのは当然なのに、なぜ上が140、下が80以上だと高血圧なのか。私は年齢+100で、70歳なら血圧は170あっていいと思います。製薬会社の利権のため、患者を作り出しているとしか思えません。しかも無理やり血圧を下げようとすると、がんや感染症のリスクが高まります。さらに血圧は低ければ低いほどボケます。血圧はポンプと一緒なので、高齢になるほど血は末梢に行きにくくなるからです」(前同)

 代表的な降圧剤、アジルバの重大な副作用としては過度の血圧低下、急性腎不全、ミカルディスは肝臓の重い症状、レザルタスは肝臓、腎臓、脳血管障害などがいわれる。

 内海氏は高脂血症治療薬の服用に関しても、こう疑問を呈する。「コレステロールは今は220mg/dl以下が正常と言っていますが、実は、それ以下が一番危険性があります。コレステロール値が下がるほど、がんや感染症のリスクが高まるからです」

 その高脂血症治療薬の中でも、リピトールは「スタチン」と呼ばれるタイプの薬だ。このスタチン系製剤を使用した人は、生活指導だけ受けた人に比べて死亡率が18%、75歳以上だと34%も高くなり、それは心臓病のリスクが高まるためだという論文(調査対象約2800名という大規模なもの)が17年、米国の医学誌に出たこともある。

■盲点! 糖尿病のクスリも危ない

 生活習慣病といえば、糖尿病も代表的な病気。こちらはどうか。

「糖尿病治療薬は血糖値を下げるので逆に低血糖になり、転倒し、一人暮らしだと入浴時に風呂場で倒れるなどして命を落とすこともあるので、要注意です」(前出の宇多川氏)

 トラゼンタ、ネシーナ、グラクティブ、テネリアは、すべて2型糖尿病に使われる「DPP-4阻害薬」の代表的な薬。副作用として腎障害、肝障害を起こす可能性があるうえ、特に長期服用については膵外作用(インスリン感受性増強作用)による心血管、骨代謝、免疫系への新たな副作用に注意すべきとされる。

 その他、胃腸薬も問題だ。多剤服用すると胃腸が荒れるので、同じく長期併用するケースが多いからだ。

「胃酸を抑える胃腸薬を服用し続けると、胃酸が恒常的に不足して消化不良に陥る可能性があります。また、本来なら胃で殺せるはずの雑菌が生き延び、肝臓や腎臓にしわ寄せが行くことも。さらに、胃腸薬の多くに含まれるアルミニウムを過剰に摂り、アルツハイマー型認知症の要因になるという説もあります」(前同)

 胃腸薬の中でもネキシウムはダントツの売り上げを誇るが、同薬は「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」の一種。このPPI系は特に認知症、心臓発作の副作用の危険があるといわれる。

 安易に薬に頼らないように注意したいものだ。この続きは10月18日発売の『週刊大衆』で。

関連リンク

  • 10/17 6:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます