「勾留中は一人になれるから」 わざと飲酒運転し自ら通報した男(中国)

拡大画像を見る

逮捕されたのは20代の男。妻と2人のこどもがいる男は義父の工場で働いており、年収は約20万元(約305万円)だった。一見恵まれた暮らしのようだが、男は「幸せではない」と明かす。というのも義父は男の給料を直接自分の娘、つまり男の妻に渡しており、妻は男に自由に使えるお金を渡さないそうだ。そればかりか事あるごとに小言を言われていたという。

男はこの日、友人らと集まって酒を飲んでいたが、自分の今の境遇が煩わしくなり、わざと飲酒運転をすることを思いついた。「警察に勾留されている間は一人になれる」という理由からだった。男は自宅付近の駐車場まで運転し停車した後、警察に通報した。

警察では、男の供述がはっきりしていたこと、酔いが覚めた後も自分の行為に後悔していなかったこと、改めて測定したところ血中アルコール濃度が0.13パーセントで酩酊初期の状態だったことなどから、男を勾留し調べを続けているという。

画像は『NOWnews 2019年10月14日付「錢全給妻管! 男「自導自演」酒駕求逮捕:找地方靜一靜」(圖/翻攝自餘杭公安)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

関連リンク

  • 10/16 16:52
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7

記事の無断転載を禁じます