4歳の時に失くした大切なぬいぐるみ 14年後、驚きの状態で発見される

拡大画像を見る

18歳のエミリー・バウワーさんは幼い頃、『プラーナ』と名付けた黒猫のぬいぐるみがお気に入りでした。当時4歳だったエミリーさんはどこに行くにもプラーナと一緒だったといいます。

ある日、エミリーさんがプラーナを連れて砂場で遊んでいた時のこと。彼女はプラーナを持たずに家に帰ってきたのだそう。

そこで母親のスーザンさんは娘と一緒に庭中を探し回りました。家の下をのぞいたり、砂場を端から端まで掘ってみたりしたものの、プラーナは見つからなかったのです。

エミリーさんはひどく悲しみ、何週間も泣き続けました。大げさでなく、その後も数か月にわたって、プラーナのことを思い出しては時折涙を流していたといいます。

娘のあまりの悲しみように心を痛めたスーザンさんはそれ以降、プラーナについて触れることはありませんでした。

お気に入りのぬいぐるみを失くしてから14年後

それから14年後、新しいヤギの柵を作るために森へ行っていた農場のマネージャーがスーザンさんのところへやってきてこう尋ねます。

「誰か森の中でぬいぐるみを失くさなかったかい?」

マネージャーが木の根元で見つけたのは『プラーナ』だったのです!

木の根っこが絡み付き、コケにまみれていたものの、間違いなくプラーナでした。14年間も森の中に放置されていたにもかかわらず、プラーナは無傷だったということです。

Posted by Susan Wise Bauer on Tuesday, September 24, 2019

海外メディア『GOOD NEWS NETWORK』によると、スーザンさんがプラーナを自宅へ持ち帰りエミリーさんに見せると、彼女は言葉を失っていたのだそう。

それからエミリーさんは数時間かけて、プラーナの体に付いている汚れやコケなどを丁寧に取り除き、きれいに洗ってあげました。するとプラーナはまるで新品のようによみがえったのです。

Posted by Susan Wise Bauer on Tuesday, September 24, 2019
Posted by Susan Wise Bauer on Tuesday, September 24, 2019

スーザンさんの投稿は多くの人にシェアされ、エミリーさんとプラーナの再会を喜ぶコメントがたくさん寄せられています。

小さな子供にとってお気に入りのぬいぐるみは友達そのもの。突然プラーナを失くしたエミリーさんは、親友と引き裂かれたような気持ちだったことでしょう。

スーザンさんは投稿で「これは奇跡じゃないし、この話を大げさにしたくありませんが、私たちはみんな本当にびっくりしました」とつづっていますが、14年間も森に放置されたぬいぐるみが無傷で見つかるなんて十分に『奇跡』と呼べる出来事ですよね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Susan Wise BauerGOOD NEWS NETWORK

関連リンク

  • 10/16 15:57
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます