JUMP中島裕翔 ベストジーニスト殿堂入り…キムタク、嵐・相葉らに続き

拡大画像を見る

 “ジーンズが最も似合う有名人”に贈られる「第36回ベストジーニスト賞」の発表会が15日、東京国際フォーラムで開かれ、一般選出部門(男性)でHey! Say! JUMP・中島裕翔(26)が3年連続で受賞し、史上10人目の殿堂入りが決定した。ジャニーズ事務所では、木村拓哉(47)、嵐・相葉雅紀(36)らに続き6人目の快挙となった。

 中島はこの日、黒いジャケットをパッチワークデニムで着くずした上級者スタイルで登場。殿堂入りの証であるゴールドの表彰盾を手にすると「心なしか今までと重みが違うような気がしますね」と実感を口にし、「ジーンズの頑丈な部分であったり、へこたれないスピリッツであったり、そういったことが僕の賞を通して少しでも伝わればと思います」と端正な顔をほころばせた。

 また、一般選出部門(女性)では、女優の山本美月(28)が初受賞。ドット柄ブラウスにスキニーデニムを合わせた上品なスタイルで現れ、「すごくうれしい。プライベートでもデニムが大好きで、20本くらい持っています」とキュートな笑顔を振りまいていた。

関連リンク

  • 10/15 16:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます