木村拓哉が味方にもプレッシャー!?「フレンドパーク」で気になったシーン

拡大画像を見る

 俳優の木村拓哉が10月6日に放送されたバラエティ特番「関口宏の東京フレンドパーク2019」(TBS系)に出演。運動神経の高さと番組への気遣いが見受けられるも、共演者たちへ無言の圧力をかけていたという指摘が上がっているという。

 同局系新ドラマ「グランメゾン東京」の主演として鈴木京香、沢村一樹とともに2年ぶりに同番組に出演した木村だったが、前回出演時にはエアホッケー対決でパックを抑えながら強い一撃を連発するというガチすぎる戦法を見せ、炎上。

 今回はその反省も踏まえたのか、ホッケー対決ではらしくないミスが見られ、対決には負けてしまうも正当な戦い方で見応えあるラリーを展開。その他、観覧客を巻き込んで他チームの応援をしたりと番組を盛り上げようという配慮も見られた。

 しかし、存在感が強すぎるあまり共演者たちが木村に気を遣っているであろう空気感が伝わってくる場面が随所に見られたようだ。

「助走をつけた後、トランポリンを使ってジャンプして、壁に張り付き、左右の手先がついたゾーンで得点を決めるアトラクション『ウォールクラッシュ』では、見事に最上段のゾーンである『CLEAR』到達。これで過去3回含め全て1人でCLEARするという偉業を見せ、高い運動神経を見せつけていました。ただ、それについてコメントを求められた対戦チームの福士蒼汰は『いや~もう、先輩すごい!』と気を遣っている様子が全開に伝わってくるコメントをするなど、対戦チームもそれなりに気を遣っていたのが見受けられましたね」(エンタメ誌ライター)

 さらに相手チームだけでなく、チームメイトの鈴木や沢村も無言のプレッシャーを受ける場面も…。

「木村にプレッシャーをかけられた鈴木が緊張してミスをしてしまう場面もありました。また、『ウォールクラッシュ』で、チームのメンバーの挑戦する順番を訊ねられた際には、木村は1番手に鈴木が飛ぶことを手で差して説明するも、あえて自分と沢村のどちらが次に飛ぶのかには触れず。その様子をみた沢村が『で、僕が(2番手)』と2番目に飛ぶことを宣言。必然的に木村がオオトリで飛ぶことになったわけだが、沢村が2番手で飛ぶことを進言した時には、目を大きく見開いて『俺がオオトリなの!?』と言わんばかりのリアクションを見せていました。しかし、このやりとりを見た一部視聴者からは『いやいや、ビックリしてるけど、どう見ても沢村さんに2番手に飛ぶように仕向けたじゃん』『空気を読んだ沢村さんは大人だな』『元々飛ぶ順番は決めてたんだろうけど、だからこそあのわざとらしい顔芸は気になった』などといった意見が見られています」(前出・エンタメ誌ライター)

 木村としてはいつもの“キムタク節”といったところだったかもしれないが、共演者たちが気疲れしていたのは否めないことだろう。

(田中康)

関連リンク

  • 10/15 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます