木村拓哉も出演拒否か? TBS『グッとラック!』視聴率1%台突入で番宣効果ゼロの烙印

拡大画像を見る

 この低視聴率には、あの男も「ちょ待てよ!」と言いたくなっているのではないか。

 9月30日にスタートした立川志らくMCの朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)の視聴率が目も当てられない状況となっている。

 初回こそ平均視聴率2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前番組『ビビット』最終回の3.1%と同程度だったが、10月9日放送では、ついに1.9%とついに2%割れ。このまま0%台に突入する可能性も現実味を帯びてきている。

「スタート前からネット上では、『朝から立川志らくの顔は見たくない』という声が飛び交っていただけに、TBSや番組スタッフ以外の人には予想通りの結果です。加えて、新人の若林有子アナの棒読みぶりや国山ハセンアナのKY発言など、番組全体でもいいところが見当たりません」(テレビ関係者)

 この体たらくに頭を抱えているのが、同局のドラマスタッフだという。

「はっきりいって、この視聴率では番宣効果はまったく期待できない。とりわけ、10月期は局をあげて木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』を盛り上げていかなければならない。情報番組はドラマの番宣をする役割も担っており、『ビビット』には、7月期の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で主演した大泉洋が最終回の告知に登場し、番組MCの国分太一と丁々発止なやりとりを披露。また、木村が主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』に登場した時にも出演し、恐縮して固まる国分の肩を揉むなどして、ジャニーズファンの注目を浴びたものでした」(スポーツ紙記者)

 木村は先日、人気バラエティー番組『東京フレンドパーク』に出演し、精力的に番宣しているが、現在のところ同番組へ木村の番線出演は考えられない状況だという。

「『グッとラック!』はいわば後輩ジャニーズの国分が外された後番組。視聴率1%台では木村サイドからは相手にされないでしょう。それ以前に、TBS側も申し訳なくて出演依頼もできないのでは」(テレビ関係者)

 ドラマが最終回を迎える頃、『グッとラック!』の視聴率はどうなっているだろうか。

  • 10/14 6:06
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます