【台風対策】台風19号の勢力を知るなら風予報サイト「WINDY」が便利! 風の流れや雨の強さなどが一目でわかります

拡大画像を見る

大型で非常に強い勢力の台風19号が、日本へと近づいてきています。

そんな中ネットで注目を集めているのが「WINDY」というウェブサイト。

世界中の “風予報” をわかりやすく教えてくれるもので、台風19号がどのあたりにいるのか、どれほどの勢力なのかが、一目でわかるんです。

【どんなことがわかるの?】

「WINDY」は、世界中の8000を超える気象観測所からの生の風情報をもとに “風予報” してくれるサイト。時間ごとの風予報を10日先まで示してくれます。

サイトにアクセスするとリアルタイムの風向きが地図上に表示され、サイト下部にあるバーで、知りたい日付けと時間を設定できます。

右端には「風」「最大瞬間風速」「雨、雷」「最大瞬間風速」「波」「気圧」といった項目があり、それぞれ個別にチェックも可能。

風は “動く線” 、雨は “色” で表示されるなどとにかくわかりやすいので、年齢問わず誰でも一目で風雨の強さを実感できるはず!

【19号がどれだけ強い台風なのか一目瞭然】

試しに、台風19号が関東にもっとも接近するとされる2019年10月12日深夜帯をチェックしてみると、真っ赤で巨大な渦が日本の中央をすっぽりと包んでいる光景が表示されました。

風速も気圧の低下もすさまじいようで、その脅威はどれほどなのかと思わず身震いしてしまいます。

【iOS版アプリもあります!】

台風の規模を実感できればおのずと身が引き締まりますし、より真剣に対策を行おうと思えるもの。

「WINDY」にはiOSデバイス向けのアプリもあるので、今のうちにダウンロードしておくといいかもしれません。

参照元:WINDY、App Store
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 10/12 8:45
  • Pouch

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • Karl

    10/16 18:23

    この台風は現在でも生きており、アメリカのアラスカ州に上陸する可能性があるそうです。日本を荒らして、アラスカもアラスことになるのでしょうか。

  • 剣飛竜

    10/13 18:57

    八ツ場ダムが 紆余曲折で完成して試験運用中に本番来くるとは、 これ無ければ利根川が氾濫していただろう。馬鹿な民主党が反対して一時中断させられたが、再開して大正解だった、空の状態からほぼ満杯まで水位が上がったらしいので、このダムが貯水、放流可能な段階まで完成していて本当に良かった

  • 自然が牙を向くと人間は無力でね…。数年前おいらが水害に遭った時は雨止んだ直後ものの数十秒で一気に腰上まで水位が上がった。避難指示はごく一部だけ。今回の台風は『最大級の警戒を』って何度も言ってるのになんで氾濫してる川の近くで撮影する必要ある?危機感無さすぎ。命落とす瞬間後悔しても遅い。早めの避難をって言ってるのに危機感がないから逃げ遅れる。被災して初めて普段の生活の有り難みがわかるがね。

記事の無断転載を禁じます