『御社』と『貴社』の違いわかる?間違いやすい敬語まとめ

Check! 01

「すいません」はNGだった!正しくは?



「すいません」
は、くだけた口語表現。
正しくは、「すみません」です!



なんだ、少し変えればいいだけか〜と思った皆さん!

「すみません」でも軽い丁寧語なので、目上の人に対してやビジネスシーンには適していません。

謝罪の気持ちをしっかり伝えるためには、「申し訳ありません」を使うことがベストです!


ちなみに、「ごめんなさい」も相手に許可を乞う言葉なので、NGです!

Check! 02

「よろしいですか?」「よろしかったですか?」どっち?



何かを確認する際に使う、「○○でよろしいですか?」「○○でよろしかったですか?

現在形を使うか、過去形を使うのか悩ましいところですが、過去形の方が丁寧に聞こえる?



いいえ、過去形を使うのは間違いなんです!

現在起きていることに対して、過去形を使うというのは良く考えてみると変なコトですよね。

「よろしいですか?」に限らず、現在のことは現在形でいうことが正解です。

Check! 03

「お召し上がりください」は○?×?



飲食店での接客でよく耳にする、「お召し上がりください」


一見しっかり尊敬語を使っていて、正しく聞こえるこのフレーズ。


実はあまり好ましくないんです!


正しくは『召し上がってください』


丁寧語の「お」に尊敬語「召し上がる」を一緒に使うと

二重敬語にあたり、過剰な表現と捉えられてしまうこともあり、日本語をきちんと理解していない印象を与えてしまいます。

Check! 04

どちらに「いたしますか?」 OR どちらに「なさいますか?」


どちらのものがいいか尋ねる際に使うこの二つ。

どちらも正しい敬語だと思いますが、実は片方は間違いなんです。

どちらだかわかりますか?



正解は「どちらになさいますか」



「どちらにいたしますか」のいたすという動詞は、謙譲語であるため、相手を高めるのではなく、自分のことをへりくだって伝える表現なのです。


それに代わって「どちらになさいますか」のなさるという動詞は、尊敬語であるため、相手を高める要素を持っています。

Check! 05

お名前を「頂戴する」「伺う」どっちが正しい?




電話対応などで、連絡先を聞く際に使うこのフレーズ。

「お名前を頂戴してもよろしいでしょうか?」「お名前を伺ってもよろしいでしょうか?」のどちらが正しい敬語でしょうか?


正解は、「お名前を伺ってもよろしいでしょうか?」
です。


頂戴するは「もらう」の謙譲語なので文法的には正しいですが、お名前はもらうものではないですよね!


もらうものではなく、聞くものなので、「聞く」の謙譲語である『伺う』を用いるのが最適です!


ちなみに、頂戴するという言葉をより丁寧に使おうとして、頂戴いたしますと使うこと ありませんか?

実は、頂戴いたしますは二重敬語になってしまうので、回りくどい表現になってしまいます…。

Check! 06

「御社」と「貴社」の違いわかる?



就職活動の際のエントリーシートや面接で必ず使う、相手の会社を敬って表す言葉 ”御社”  ”貴社”。


どちらもよく聞く言葉だけど、違いや用途を聞かれると……わかりますか?


ズバリ!この2つの違いは、使うシーンにあります!

御社は、話し言葉を中心に使われます。

それに対して貴社は、書き言葉を中心に使われます。

なので、面接では御社を使い、履歴書やメールでは貴社を使いましょう!

いかがでしたか?


間違いやすい敬語フレーズを問題形式でチェックしてきましたが、何問正解することができましたか?


ここで今までのポイントを整理してみたいと思います!

むやみに過去形にしない
丁寧にしすぎない
敬語の対象を考える


ここで確認した正しい敬語を使って、アルバイトや就活、お仕事も頑張って行きましょう♡

他にも〈間違いやすい日本語〉をチェック!!

関連リンク

  • 9/22 19:00
  • Ray

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます