坂口杏里、あの有罪イケメン男との下品すぎる“札束ツーショット”に批判殺到!

拡大画像を見る

 元タレントの坂口杏里が9月18日、自身のインスタグラム上に投稿した画像により再び炎上している。

 坂口は先日、YouTuberとして活動していくと表明し、「楽なほう方にばかりいくな」「真面目にユーチューバーとして活躍してる人たちに迷惑」と批判を受けたばかり。

 そんな坂口が投稿したのは、1億8,000万円の脱税容疑で有罪判決が出た「青汁王子」こと元「メディアハーツ」社長・三崎優太氏とのツーショット画像だ。

「問題となったのは、2人で100万円の札束を口に咥えていたこと。三崎氏が自身のインスタグラム上で180人に100万円をプレゼントする企画で、坂口が当選したそうなのですが、これを見たネットユーザーたちからは、『働かないで楽してお金もらったらダメ』『もらったお金でホストに貢ぐの?』『そのお金全額寄付したら?』と批判コメントが殺到しています」(週刊誌記者)

 直近の動画では、更生を誓い滝行で身を清めたばかりの坂口だったが、果たして100万円の使い道は有意義なものとなるのだろうか。

  • 9/20 21:45
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます