野良犬の世話をするショッピングモールの警備員 すると同僚たちが次々と…

拡大画像を見る

フィリピン・セブ市で動物保護活動をしているグレーテルさんはある日、ショッピングモールで警備員が野良犬をなでているのを目にしました。

本来なら警備員は建物に入ってきた野良犬を追い出さなければいけないはず。それなのに男性が犬を可愛がっている様子を見て微笑ましく思ったグレーテルさんは、その男性に声をかけてみることにします。

ウェブメディア『The Dodo』によると、ダニーロさんというこの男性はモールをうろついている野良犬たちを見てエサをあげ始めたのだそう。その中で唯一、彼になついたのが『フランシー』と名付けられたメス犬でした。

フランシーはいつもダニーロさんのそばにいるのだとか。いまではダニーロさんはクイナーさんという別の警備員の男性と協力してフランシーの世話をしているといいます。

Posted by Saving Strays Cebu on Thursday, September 5, 2019

ダニーロさんがフランシーに出会った時、彼女は妊娠していたのだそう。そしてフランシーはモールの外で出産。2人の警備員はフランシーと子犬たちが安全な場所で十分な食べ物があるように気にかけていたといいます。

そして子犬たちが大きくなってきたころ、家族全員がここで暮らしていくことを心配したダニーロさんとクイナ―さんは、犬が好きな友人たちに声をかけて子犬たちの里親になってもらいました。

Posted by Saving Strays Cebu on Thursday, September 5, 2019

そんなダニーロさんとフランシーの関係は、同じモールで働く人たちの心を動かします。

ダニーロさんの同僚は体に障がいのある『ミクミク』という野良犬の世話をし始めたのだそう。

さらにレストランで働く女性は、お客さんの食べ残しなどを集めて犬たちにあげるようになったといいます。

Posted by Saving Strays Cebu on Thursday, September 5, 2019
Posted by Saving Strays Cebu on Thursday, September 5, 2019

この出会いをきっかけにグレーテルさんとダニーロさんは協力して、モール周辺の野良犬の保護活動をすることになったとのこと。

グレーテルさんはまず健康状態が悪かったミクミクを病院へ連れて行きました。そして入院治療の後、ミクミクは里親が決まるまでの一時的な世話をするフォスターファミリーに預けられることになりました。

Posted by Saving Strays Cebu on Monday, September 2, 2019

グレーテルさんがFacebookに投稿したダニーロさんとフランシーの写真には「優しい警備員さん、ありがとう」という感謝のコメントが多く寄せられています。

ダニーロさんはこれからも勤務先のショッピングモールが、人と犬の両方にとって安全であるように努めていくということです。

人も動物も幸せに暮らしていけるように、1人の警備員の優しさから始まった動物愛護の連鎖がもっと広がっていくといいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Saving Strays CebuThe Dodo

関連リンク

  • 9/20 14:39
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます