小出恵介とさんまの2ショットに大反響、降板劇から2年

拡大画像を見る

芸能活動を休止している俳優の小出恵介(35歳)が9月20日、自身のInstagramで、タレント・明石家さんま(64歳)とのツーショットを披露。ファンの反響を呼んでいる。

2018年に所属事務所をやめ、現在は米ニューヨークに留学中の小出。今回の投稿は、現地を訪れたさんまと小出のツーショットで、2人とも、とても良い表情で楽しそうな雰囲気だ。

小出は、さんまが企画・プロデュースしたNetflixのドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」でさんま役を演じたが、撮影も終了し、配信開始する直前に小出が不祥事を起こしたため緊急降板、玉山鉄二を代役にして撮り直した。また、そのドタバタの中、さんまはラジオ番組で、小出から泣きながら謝罪電話があったことを明かしていた。

その一件から約2年が経ち、今回、突然投稿されたさんまと小出のツーショット。ファンからは「さんまさんの優しさに涙が出そうです」「さんまさんも小出くんも笑顔で嬉しい」「さんまさん……なんて偉大なんだ」「素晴らしいツーショットですね!」などの声が上がっている。
  • 9/20 8:37
  • Narinari.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 小出恵介って、なにやらかしたんだっけ?(笑)

  • まる☆

    9/22 11:51

    小出くん太った?さんまの年代になると昔は絶対許せなかった事もまあいいか、ってなる人多いよね。残りの人生カリカリするより楽しく暮らせる方が楽だって。いがみ合ってたお笑いの人もまた仲良くなったりとか。良いことだよね。

記事の無断転載を禁じます