中島翔哉に「公開説教」したポルト監督が日本のファンから感謝されるワケ

拡大画像を見る

 FCポルトに所属するサッカー日本代表MF中島翔哉が9月15日、ポルトガル国内リーグのポルティモネンセ戦に途中出場を果たすも、試合後には監督から叱責される事態となった。

 中島は2点のリードで迎えた72分にピッチへ投入されると、その後5分間でポルトは立て続けに2失点を喫し、追いつかれるも、ロスタイムになんとか決勝弾を挙げて3-2と辛勝。中島の投入された72分からチームが一気に2つのゴールを許してしまったことで、ポルト指揮官セルジオ・コンセイソンの怒りは中島へと向けられ、試合が終わるや否やピッチ上で日本代表MFに激しく詰め寄るシーンが話題となった。

「コンセイソン監督の逆鱗に触れた原因は、明らに中島の守備時の動きにあります。高精度のドリブルや華麗なボールさばきを売りにする中島はチームが守備に徹するべき場面でもあまり積極的なプレスやチェイシングの貢献を見せず、悪く言えば“守備をサボっている”シーンがポルトや日本代表でもしばしば見られます。現役時代から守備力を兼ね備えるサイドハーフとして活躍したコンセイソン監督としては、中島のこうした振る舞いが許せなかったのでしょう。今後の起用が懸念されるほどのレベルでスタジアムで叱責していました。しかし、中島の“サボり癖”を知る日本のファンからはコンセイソン監督の公開説教を支持する声が多く、『ポルトの監督が怒ってくれてありがたい。日本代表だと監督が怒るとマスコミに叩かれて更迭だからね』『ボールロストしてもヘラヘラしてる』『皆が思ってた事をハッキリ言ってくれる監督がいてくれてよかった』『中島ひとりのためにバランスが崩れてはチームとして機能しないので外すしかない』などのコメントが寄せられています」(スポーツライター)

 現代サッカーではいかにスペースを埋めながら相手チームの長所を封じるかに焦点が当てられるケースが多く、中島だけに“守備をしない”特権が与えられることは難しいだろう。中島にはコンセイソン監督の叱責を愛情と捉えてもらい、今後のプレーに生かしてほしいところだが、果たして…?

(木村慎吾)

関連リンク

  • 9/20 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます