会場で泣き叫ぶ赤ちゃんに困り果てた母親 続く展開に「最高!」「鳥肌立った」

拡大画像を見る

姪っ子が参加するピアノの発表会を訪れた、スピカ(@Spica727_Mormon)さん。

姪っ子がピアノを演奏する直前になって、観客席にいた1人の赤ちゃんが泣きだしてしまったといいます。

会場に響き渡る赤ちゃんの泣き声。抱っこしていたお母さんは必死であやすも、赤ちゃんはなかなか泣き止みませんでした。

諦めて、お母さんが赤ちゃんを連れて会場を出て行こうとした瞬間…。舞台の上にいた姪っ子が、突然『タケモトピアノ』のCM曲を演奏しました!

「赤ちゃんが泣き止む」というウワサもある『タケモトピアノ』のCM曲。ウワサ通り、姪っ子がピアノで奏でるCM曲を聴いた赤ちゃんは、あっという間に泣き止んだといいます。

当時の状況を振り返り、「本番の演奏ではミスが多かったけど、姪っ子は間違いなくスターだった」というスピカさん。

ネット上では、姪っ子の活躍に対し、さまざまなコメントが上がっています。

・なんて機転のきく、素敵な姪っ子さん!

・その場を和ませる演奏者こそ、本物のスターだと思う。

・カッコいい。その場面を想像したら、鳥肌が立った。

会場がざわついているのを見て、即興でピアノを演奏した姪っ子。赤ちゃんとお母さんのために姪っ子が行った演奏は、多くの人の心に響いたに違いありません!

[文・構成/grape編集部]

出典 @Spica727_Mormon

関連リンク

  • 9/19 18:51
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • 世界的レベルの演奏家やアーティストやマエストロ達に、独りっ子や第一子でなく第二子以降の人が多いのって、そういう所にも理由があるのかもしれないですね。

  • Libraさんが仰るとおり、その子とそのママだけではなかったでしょう。乳幼児連れは他にも何人も何人もいたでしょうに。赤ちゃんったって新生児なわけありゃぁしませんよね。外出先に連れ歩けるなら1歳児前後でしょうよ。新生児から日常的にお兄ちゃんやお姉ちゃんのピアノ演奏の音に親しむ事ができていて、そんなに小さな時から会場に連れて行ってもらえて、空気感や雰囲気に慣れ親しめるなんて。羨ましいかぎりだなぁ。

  • タイトルだけであのコメントができる感性、、観客席にケツが収まりきらず両隣を圧迫する迷惑デブの、場外からの、しかも関係部外者のあてどもない喚きですね。反応することこそ当人の思うツボです。無視しましょう。

記事の無断転載を禁じます