喫煙本数が一番多いのは何県? 一番少ないのは? アンファーが喫煙本数ランキングを発表

拡大画像を見る

アンファーは9月18日、全国47都道府県各100人を対象に実施した全国の喫煙状況の調査結果を発表。ランキング結果をご紹介します。

喫煙本数(1日当たりの喫煙本数の平均)が多いランキングは次の通り。

喫煙本数が多いランキング
1位:愛媛県(18.61本)
2位:新潟県(17.68本)
3位:佐賀県(17.12本)
4位:香川県(16.50本)
5位:福島県(15.70本)

1位は愛媛県。最も少ない県の本数の約2倍という結果で、回答者のうち喫煙者の割合が約3割と、喫煙者の割合も最も多い結果になりました。

喫煙本数が少ないランキングの結果はこちら。

喫煙本数が少ないランキング
1位:滋賀県(8.71本)
2位:千葉県(10.95本)
3位:東京都(11.17本)
4位:岡山県(11.33本)
5位:宮崎県(11.57本)

1位は滋賀県で、喫煙者の割合は2割と低いことが分かりました。滋賀県は飲酒頻度の調査結果も低く、タバコも吸わない・お酒も飲まない、と健康実行力が上位なのだとか。

調査は20~69歳の男女、各都道府県で男女各50名の計4700人を対象に実施。調査結果は「ニッポン健康大調査」としてまとめられています。

ニッポン健康大調査(2019年度)|予防医学のアンファー
https://www.angfa.jp/health_survey/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連リンク

  • 9/18 21:30
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • マサト

    9/23 2:23

    船橋では歩きタバコをしていた男が女児の瞼にヤケドを負わせて救急搬送された事件がありますね。

  • 寝タバコが原因の火事も多いみたいですよ?

  • マサト

    9/23 0:57

    タバコが原因と見られる火災。 タバコに火をつけようとしてのわき見による死亡事故。 事件事故は起きているのでその認識は誤り。 そして道路に吸い殻が散乱するのは灰皿の数ではなくモラルの問題。 それにしても無意味というか公正さを欠く平均。 例えば東京の100人と鳥取の100人では人口に対する割合が違いすぎるし、こうした形の平均を出すに100人はサンプルが少ない。

記事の無断転載を禁じます