【MLB】ダルビッシュ、球団新8者連続含む13Kに同僚は退屈? 「あまりすることがないね」

拡大画像を見る

カブスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発。球団新記録の8者連続三振を奪うなど7回6安打13奪三振4失点の力投を見せたが打線の援護なく7敗目を喫した。それでも、同僚は日本人右腕の快投劇に「彼の後ろでプレーするのはあまりすることがないね」と賛辞を送っている。

2回1死から球団新記録の8者連続三振を奪い7回6安打13奪三振の力投を見せる

■レッズ 4-2 カブス(日本時間18日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発。球団新記録の8者連続三振を奪うなど7回6安打13奪三振4失点の力投を見せたが打線の援護なく7敗目を喫した。それでも、同僚は日本人右腕の快投劇に「彼の後ろでプレーするのはあまりすることがないね」と賛辞を送っている。

 初回はわずか7球で先制を許すなど3失点と苦しい立ち上がりとなったが、圧巻だったのは2回。1死から球団新記録となる8者連続三振を奪うと降板した7回までに13奪三振の快投を見せつけた。チームは2-4で敗れたがチームメートはダルビッシュの投球に目を奪われていた。

 米スポーツ局「ESPNシカゴ」のジェシー・ロジャース記者は自身のツイッターで二塁を守るベン・ゾブリストのコメントを紹介。13個の三振を奪った右腕に「彼の後ろでプレーするのは、僕が復帰してから初めてだったけど、あまりすることがないね」と脱帽していた様子。

 前回登板(13日)のパドレス戦でも6回13奪三振の快投を見せつけるなど、ここまでシーズン217奪三振をマークするダルビッシュ。シーズン終盤で勢いを増してきた右腕の投球に目が離せない。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 9/18 14:07
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます