京の路地裏で名店発見! 牛もつの旨味が弾ける「和醸良麺 すがり」の絶品つけ麺はホルモン好きなら一度は食べておくべし / 京都ラーメン巡り

拡大画像を見る

京都の美味しいラーメン屋を食べ歩く「京都ラーメン巡り」。今回は、狭~い路地裏にあるにもかかわらず行列の絶えない名店「和醸良麺 すがり」をご紹介しよう。

プリップリの牛ホソがたっぷり入ったもつつけ麺は、ホルモン好きなら絶対食べておくべき逸品! 焼肉いってる場合じゃねえっ!

・大通りの喧騒から外れて

今回紹介する「和醸良麺 すがり」は多くの人が行き交う四条烏丸から遠くない場所にある……のだが、大通りから外れた狭い路地裏に佇んでおり、初めて訪れる人は迷いがちなアクセス。

ラーメン屋とは思えない京町家然とした佇まいで周囲の風景に溶け込んでおり、しかも入口の扉は閉まっていることが多い。店の前で「ここだよね?」と戸惑っている人もちらほら。なんで無駄にハードル高いんだよ!

そんな若干入りづらい雰囲気すら漂わせながら、店内は常に満席状態。多くの人を路地裏に引きずりこむ看板メニューとは……

それは、ずばりもつ! ジューシーな牛もつが入った「もつつけ麺」が大人気なのだ。一応普通のチャーシューとかも選べるのだが、筆者のオススメは断然、もつ。誰が何と言おうと、もつ!

・けしからん味

今回は「もつつけ麺(900円)」に「もつ増量(300円)」を追加。よだれを垂らしながら待つこと数分、つけ麺が到着した。

スープに目をやると、見ただけでプリップリと分かる美味そうな牛もつがゴロゴロ沈んでいるではないか。早く、早く食べさせい!

はやる気持ちを抑えて、まずはスープを一口。つけ麺のスープにしては滑らかな口当たりながら、鶏と煮干の旨味がよく出ている。

主役の牛もつは表面が炙られており、香ばしい匂いが漂う。口に入れて噛み締めると……

これはけしからんですねぇ。

いやぁ本当にけしからんですよ。噛んだ瞬間に、もつ自体の脂の旨味、そしてたっぷり染みこんだスープの旨味が同時に弾けるんですから。食べながらスケベな顔にもなるってもんですよ。

写真もブレますよ、そりゃ……。

・麺にも工夫あり

また麺にも一工夫がされており、こちらの店では「ゆず麺」を選ぶことができる(普通の麺と選べる)。

もつ自体は脂の旨味を味わうコッテリとした食べ物なので、ほのかに柚子の香りがする「ゆず麺」と合わせるとバランスが取れて後味も良いのだ。柚子が苦手でなければ、チョイスしてみてくれたまえ。

ということで、京都の路地裏で発見した「和醸良麺 すがり」は行列も納得の激ウマ店でした。ホルモンが好きな人は、京都を訪れることがあれば足を運んでみてほしい。ウマウマけしからん体験ができるぞ。

・今回紹介したお店の情報

店名 和醸良麺 すがり
住所 京都市中京区観音堂町471-1
時間 月~金 11時~15時、17時30分~22時 / 土日祝 11時~16時、17時30分~22時
休日 年末年始(12月31日~1月3日)

参考リンク:和醸良麺 すがり
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り」

関連リンク

  • 9/18 12:15
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    9/18 12:54

    名古屋の味仙にもホルモンラーメンあるけどな、京都の人もホルモン食べるんだ。

  • あきひろ

    9/18 12:41

    良いですね~。

記事の無断転載を禁じます