暑い夏はパパッと簡単!夏野菜を使った炒めものレシピ11選

夏に食べたい!お料理のジャンル別【夏野菜炒め】をご紹介♪

食卓への登場回数が圧倒的に多い炒めもの。具材やボリュームに変化をつければ、朝昼晩どのタイミングでも食べられる万能メニューです。
今回は、夏の暑さにも負けずたくましく育った夏野菜で作る炒めものレシピを、「さっぱり和風」「あっさり洋風」「こくウマ中華風」の3本立てでご紹介します。それではさっそく、厳選レシピを見ていきましょう♪

【和食編】さっぱり食べたい!和風の夏野菜炒め

【味付けさっぱり!和風夏野菜炒めレシピ1】夏野菜の味噌しぎ

夏の炒めものと言えば、夏野菜の好相性コンビ、なすとみょうがを使った味噌炒めの「味噌しぎ」は外せません。みょうがの独特の風味はお酒ともよく合いますよ。合わせ調味料は全て同量なので覚えやすいレシピです。

【味付けさっぱり!和風夏野菜炒めレシピ2】えびとアスパラのさっぱり炒め

夏野菜のアスパラの鮮やかな緑色と赤色が映えるえびを使った、カラフルな和風の炒めものです。えびは冷凍のものを使っても◎。お酢の入った合わせ調味料を使ったさっぱり仕上げです。

【味付けさっぱり!和風夏野菜炒めレシピ3】オクラとなすのさっぱりポン酢炒め

ポン酢でさっぱり簡単味付け。旬の夏野菜だから、素材のうま味を活かしたシンプルな味付けが美味しいひと皿です。
ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも喜ばれますよ!

【洋食&イタリアン編】あっさり食べたい!洋風の夏野菜炒め

【味付けあっさり!洋風夏野菜炒めレシピ1】とうもろこしと生姜のパセリ塩バター炒め

続いては洋食の炒めものをご紹介します。こってりした洋食も多い中、真夏に食べても重すぎない、あっさりしたレシピをチョイスしました☆
まずはとうもろこしで作る炒めものから。定番のコーンバターに、薬味のしょうがを加えるのがあっさりポイント! コーン缶でも作れますが、店頭に生とうもろこしが出始めたら作りたいひと品です。

【味付けあっさり!洋風夏野菜炒めレシピ2】ひき肉と夏野菜炒め

パプリカ、ズッキーニ、なすを使った夏野菜たっぷりの炒めものです。薄くスライスすることで火の通りが早く、時短調理にもなります。ズッキーニもなすも脂との相性が抜群なので、挽き肉の旨味を吸って美味しく仕上がりますよ。

【味付けあっさり!洋風夏野菜炒めレシピ3】夏野菜たっぷりのカレー風炒め

スパイスたっぷりのカレー粉を使った炒めものは、エスニックな香りが食欲をそそります。ちょっとボリュームを足したい場合は、ハムやソーセージなどをプラスしても美味しいですよ♪

【味付けあっさり!イタリアン風夏野菜炒めレシピ1】豚肉とトマトのバルサミコ炒め

ここからは、日本人になじみの深いイタリアン風の夏野菜炒めもご紹介します。
イタリアの代表的調味料、バルサミコ酢。バルサミコ酢は、ブドウの果汁から作られたお酢で、芳醇な風味が特徴です。豚肉とトマトのバルサミコ炒めでは、バルサミコ酢を少量加えるだけでさっぱり、そして手軽にぶどう由来のコクをプラスできますよ。

【味付けあっさり!イタリアン風夏野菜炒めレシピ2】ボペレッラ風ズッキーニ炒め

材料たったの5つで作る、夏野菜のズッキーニの炒めもの。ズッキーニを炒めて卵でとじ、仕上げにパルミジャーノを贅沢に振りかけます。パルミジャーノが加わると一気にイタリアン風に仕上がりますよ! 少ない材料で簡単に作れるのでぜひお試しくださいね。

【中華編】しっかり味が美味しい!中華風の夏野菜炒め

【コクうま!中華風夏野菜炒めレシピ1】なすときゅうりのテンメンジャン炒め

最後は夏野菜の中華風の炒めものレシピをご紹介します。中華料理は香辛料を使ったコクのあるレシピが多いので、おつまみにもおすすめです。
夏になると大袋に入ったきゅうりが特売、なんてことも多いですよね。そんなときには、きゅうりを炒めものにしてみませんか? 生でそのままいただくことが多いきゅうりですが、中華では炒めものにもよく使われます。炒めるときは最後にサッと合わせるだけでOKです。

【コクうま!中華風夏野菜炒めレシピ2】チキンとザーサイの中華風炒め

夏野菜のパプリカと鶏むね肉を使い、味付けはシンプルに酒としょうゆだけ。ザーサイのうま味が決め手の中華炒めです。「ザーサイ×ごま油」の風味がたまらない、お酒が進むひと品です。

【コクうま!中華風夏野菜炒めレシピ3】トマトとセロリのピリ辛中華炒め

シャキシャキの夏野菜、セロリにパプリカとトマトを加えた色鮮やかな中華の炒めものです。オイスターソースに、トウバンジャン、テンメンジャンと中華風調味料を存分に使い、仕上げにカレー粉を加えてピリ辛風味に。ビールのおかわり必至のおつまみですよ!

【夏野菜炒め】をモリモリ食べて、暑い夏を乗り切ろう!

夏の暑さで食欲が落ちるとどうしても疲れが溜まり、夏バテの原因になってしまいます。暑い夏を乗り切るためには、バランスの良い食事が不可欠。
夏野菜をはじめ、色々な種類の食材が1度に食べられる炒めものを食べて、今年の夏も乗り切りましょう!

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

関連リンク

  • 9/18 11:09
  • moguna

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます