みんなが集まるお盆の料理にオススメ☆おもてなしレシピ10選

親戚たくさん集まっても大丈夫!お盆に使えるおもてなし料理のレシピをご紹介♪

親戚が大勢集まるお盆には、たくさんの料理が欠かせません。自宅でおもてなしするという方も、自分やパパの実家に帰省してお手伝いするという方も、どんな料理を作っていいか迷われるのでは?
お盆は小さな子どもからお年寄りまでいろいろな年代が集まるので、どんな方にも好まれるベーシックなメニューがオススメ! お盆のおもてなしに使いやすいレシピをご紹介していきます♪

お盆にサッと作りたい!おもてなし料理レシピ

【お盆のおもてなし料理に◎スピードレシピ1】枝豆と玉ねぎのチーズサラダ

あわただしいお盆には、ササッと作れる簡単料理が役立ちます。
ビールによく合う枝豆にひと手間かけ、サラダ仕立てにしてみませんか?
さやから出した枝豆を、スライスして塩もみした玉ねぎとともにクリームチーズなどで和えるだけで完成。冷蔵庫で冷やしておくと、さらにおいしくいただけます♡

【お盆のおもてなし料理に◎スピードレシピ2】トマトのゆず胡椒和え

冷えたトマトを切って塩をふる。それだけでもひんやりおいしいひと品になりますが、オクラと合わせるとさらに夏らしいおもてなし料理になりますよ。
切ったトマトと茹でたオクラを醤油・ゆず胡椒・オリーブオイルで和えれば完成! トマトの赤とオクラの緑が鮮やかにテーブルを彩ります。

【お盆のおもてなし料理に◎スピードレシピ3】オクラときゅうりの和え物

オクラのスピードレシピをもう1品ご紹介します。
こちらは茹でたオクラと塩もみきゅうりを、酢醤油で和えてしょうがを添えます。
スピードレシピは手際も重要! 上でご紹介したレシピと一緒に作れば、オクラを1回茹でるだけで2つのメニューが作れますよ♪

作り置きできてお盆に役立つ!おもてなし料理レシピ

【お盆のおもてなし料理に◎作り置きレシピ1】なすと鶏むね肉の南蛮漬け

お盆には、作り置き料理も重宝しますね。暑い日に食べたくなる南蛮漬けをご紹介します。
なすと鶏肉を油で揚げて、酸味のある醤油だれに漬け込みます。
味の決め手はお酢の代わりに使うレモン汁! 爽やかな香りに思わず箸がすすみます。

【お盆のおもてなし料理に◎作り置きレシピ2】冷やしおでん

お盆におでん?! 驚かれるかもしれませんが、ひんやりおいしい冷やしおでんなら、お盆のおもてなしにピッタリです!
卵やさつま揚げといった定番具材の他には、冬瓜・ミディトマト・オクラを入れてすっきり味に仕上げます。
塩味は冷めると強く感じるので、熱いうちに味見してちょっともの足りないくらいにしておきましょう。

【お盆のおもてなし料理に◎作り置きレシピ3】なすときゅうりのめんつゆ漬け

山形の郷土料理「だし」はいろいろ使えて便利なので、ぜひお盆に作り置きしておきましょう。
きゅうり・なす・みょうが・しょうがを細かく刻んで、めんつゆと醤油で漬ければ完成です。
冷奴にのせればおつまみになりますし、忙しい合間を縫って食事を済ませたいときは、ご飯にかけてササッといただくなんて使い方もできますよ。

お盆の主食はこれで決まり!おもてなし料理レシピ

【お盆のおもてなし料理に◎主食レシピ1】ぶっかけそうめん

お盆にはそうめんをお供えする風習があることから、食べる機会も多いですよね。短時間で茹でられるので、親戚がたくさん集まるときでも準備しやすいメリットもあります。
そうめんが続いて飽きてきたら、ぶっかけそうめんにしてみませんか? 野菜がたくさん食べられて、彩りもきれいです☆

【お盆のおもてなし料理に◎主食レシピ2】そぼろ入りいなり寿司

いなり寿司はパクッと食べやすく、お盆にオススメの主食メニューです。
酢飯に鶏そぼろを混ぜたいなり寿司は、子どもにも人気の味! お昼ごはんはもちろん、おやつ代わりにもなるのでぜひ作ってくださいね☆

おもてなしは料理だけじゃない!お盆に食べたいひんやりスイーツレシピ

【お盆のおもてなし料理番外編☆スイーツレシピ1】甘納豆入りフルーツかん

食事はとらず帰るお客様には、お茶と一緒に手作りスイーツでおもてなししませんか?
見た目も涼しげなフルーツかんは、まさにお盆にもってこい! 手持ちの保存容器で作れるのもうれしいですね。

【お盆のおもてなし料理番外編☆スイーツレシピ2】ひんやり なめらか水ようかん

幅広い年代に愛される水ようかんも、お盆のおもてなしにピッタリです!
市販のこしあんを寒天で固めるだけなのでとっても簡単!
なめらかな舌触りとひんやりしたのど越しは、暑い中来ていただいたお客様への何よりのおもてなしになりますよ。

ご紹介したおもてなし料理のレシピ、ぜひお盆の時期にお役立てください♪

ひんやりレシピを中心に、お盆のおもてなしにオススメのレシピをご紹介しましたがいかがでしたか?
お供えする分だけでなく家族も精進料理を食べるというお家も、地域や宗派によってはあります。そのあたりもご確認の上、ご紹介したレシピをお盆のおもてなし料理としてご活用くださいね♪

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。
※豆やナッツを3歳未満のお子様に与える際は十分注意してください。誤嚥事故の恐れがあります。
※お弁当に入れたり、作り置き保存したりする場合は、食中毒対策として、保存期間や保存方法、衛生管理などに十分注意してください。

関連リンク

  • 9/18 11:08
  • moguna

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます