「彼が出掛けた隙に、引き出しを開けて…」結婚間近の男の部屋で、27歳女性が見つけたモノ

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

東カレ読者から「20代女子の婚活事情」を募集したところ、生々しい体験談が続々と集まった。

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、U-29のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいる。

焦る気持ちを笑顔の裏に隠し、令和の時代をたくましく生き抜く、婚活女子のリアルな姿を覗いてみよう。

前回は悔しかった恋を踏み台にして、駐妻の座を勝ち取った婚活女子を紹介した。今週は?


【今週の婚活女子】

名前:カナエ(仮名)
年齢:27歳
職業:専業主婦
婚活歴:3年(先日入籍、式は年内予定)


今回話を聞いたのは、先日入籍を済ませたばかりで、年内に結婚式を挙げるというカナエさん。幸せの絶頂にいる彼女は、この結婚をどう掴み取ったのだろうか?聞いてみよう。

​東カレ編集部:まずは、カナエさん。ご結婚おめでとうございます!

カナエさん:ありがとうございます!先日無事、式場が決まったところなんです♡

​東カレ編集部:カナエさんは24歳から本格的に婚活を始めたんですよね?

カナエさん:はい。早い子は社会人になってすぐに同期とデキ婚したりしていて…バリキャリ気質ではない私は早く結婚したいと、大学卒業してからずっと思っていました。

26歳で今の彼氏と付き合い、27歳で籍を入れたのですが、その間に婚活パーティーには100回程参加しましたね。年収1,000万以上の男性が集まるパーティーには20回くらい。週末は短い時間のパーティーをハシゴしたりもして、カップリングした男性とデートしたのは50人くらいだったと記憶しています。

​東カレ編集部:すごい…!婚活にフルスロットルだったんですね。

カナエさん:婚活パーティーで同じ人と3回会ったこともありましたが(笑)めげずに参加してましたね。学生時代の友人はモデルやCAなど華やかな子が多く、一方で私はおばさまたちに囲まれた地味な事務職。

彼氏がいない時期も多いし、この子達みたいな人生とは一生無縁だな…と漠然と思っていました。なので、そのコンプレックスが原動力になってましたね。

​東カレ編集部:早いうちに結婚したい!と思っても、そこまでめげずに婚活パーティーへ行くのはしんどくなかったですか?

カナエさん:なんやかんや容姿にはさほど自信なかったものの、20代という強みだけで婚活パーティーに行ってちやほやされるので気分は良かったですね(笑)

ただ、24歳で婚活するデメリットもあったんです。

若すぎるが故、カナエさんが婚活で苦労したこととは?

​東カレ編集部:カナエさんが若いうちから婚活を始めて苦労したことって?

カナエさん:甘く見られがちだったのか、カラダ目当てな男性が多かったんです。断ったら、今まで長文LINEをよくくれたのにいきなりブロック。こんなに簡単に手の平返されるんだ、と当初はショックでした。

他にもカップリングして告白してくれた人が、あからさまにそれ目当てだったのもショックでしたね。タワマン持ちだし、顔もタイプだったので。

まあ冷静に考えたらやっぱりスペック高い人はモテるし、遊びたい人も沢山いるなと感じました。おかげで本気で婚活していない人を見抜くのが得意になりました(笑)

​東カレ編集部:遊び相手を探している男性は、婚活女子にとって大敵です…

カナエさん:あとは『あなた、まだ26歳なのに真剣に結婚なんて考えているんですか?まさかサクラ?僕は30代後半で、結婚出来る可能性なんか数パーセントしかないけど本気なんですよ!』といきなり説教されたことがありました…(笑)

むしろもっと早く婚活している女の人だっているのに。驚きましたね。

​東カレ編集部:若すぎるが故に、婚活に本気だと捉えてくれる男性が少なかったんですね…そんな中でも、実際のデートに進んだ方も50人近くいたとか。そこからお付き合いに発展する方もいました?

カナエさん:数回ありましたよ。今の旦那もそうです。その他にお付き合いした方は1歳上の爽やか系の公務員の方や、1歳下の東大卒の損保会社の本社勤務の方でしたが、数か月しか続きませんでした…。

旦那は国立大卒で年収も良く、穏やかな人だったので付き合いたいなと思いました。収入が良い割に女の影が薄くて誠実で、仕事人間なところに惹かれました。女の影が沢山ある男性は一緒にいて疲れそうだったので、旦那には選びたくないと思っていましたね。

私、結婚相手に妥協できると思っていたポイントが“会話力の高さ”だったんです。面白い会話が出来る人は、やはり何歳になってもモテる。そりゃ、面白いし楽しいのは強みだから。でも、その会話力が高いから幸せな生活が送れるとは限らないですよね。

​東カレ編集部:確かに…

カナエさん:今の旦那は口数少ない不器用な彼だけど、一緒にいて落ち着くし生活を保証してくれる。会話力が高くなくても私は充分幸せです。


​東カレ編集部:これだけ婚活パーティーに出向いてデートを重ねていたら、恋愛における必勝法は見つけられました?

カナエさん:そうですね…婚活をしていた当時は、必ずフェミニンな服を着ていました。スカート率は100パーセント、高すぎないヒールで淡い色。女子アナをイメージした服装を意識していました。万人ウケする服装がマストです!

それからこの人、と決めた人には『この後お茶したいです』と自分から誘っていましたね。

​東カレ編集部:“待ち”の姿勢ではダメですね。

カナエさん:それから初デートでは持ち帰られないこと。酔いすぎて泥酔しない、終電では帰る。当たり前のことですが、真面目なお付き合いをしたかったので。大学ノリは卒業して婚活に取り組みました。

​東カレ編集部:お話を聞いていると、高収入や高学歴の男性をピンポイントで狙っていたという感じが伝わってくるのですが…。

カナエさん:まさにそうです!特に学歴は大卒以上で、最低でもMARCH。国立大だと尚良しだと考えてました。容姿にはこだわらない分、せめて自分よりは頭の良い学校を出ていてほしかったです。欲を言えば年収1,000万以上だといいなぁくらいでしたね。

私、東京カレンダーに出てくるようなキラキラ女子に憧れる、典型的なミーハー女子なんです(笑)なので将来結婚する旦那さんが高収入だったらいいけど、ダメだったらそれはそれで仕方がない、くらいで婚活をしていました。それが逆に余裕があるかのように思われて良かったのかもしれません。

旦那さまのいない隙に発見したあるモノとは…?本人には決して言えない、カナエさんの秘密

​東カレ編集部:今の旦那さまとは、どこで知り合ったんですか?

カナエさん:年収1,000万円以上の男性が集まるパーティーで知り合いました。…実は、年収1,000万と聞いていたのですが、彼がコンビニに出かけている隙にふと引き出しを開けたら、給料明細を見つけてしまって。そしたら実際の年収が2,500万だったんです!

​東カレ編集部:えー!!

カナエさん:見栄を張って贅沢しているだけで、実際の年収が300万とかだったらどうしようかと思ってたんです…そしたら自己申告していた年収よりも全然高くてびっくりして。その時に何がなんでも結婚に持ち込もうと決意しました(笑)ただ、引かれる税金も高いな、という発見もありましたが。

​東カレ編集部:すごすぎる…!どうやって結婚に持ち込んだんですか?

カナエさん:今まで付き合った人は一緒にいて楽しいとは思いましたが、将来までは考えられませんでした。大学中退や、年収400万未満も多く、スペックで見たら親にも言えませんでした。将来をここまで考えられる相手とはもう出会えないなと思ったので、絶対この人を逃しちゃいけないなと。

なので『早く子供欲しいなぁ~』と言ったり、回りくどいことはせずに割と結婚に関する思いは率直に伝えました。『28歳までに結婚出来なかったら結婚相談所に行くから』と釘を刺していましたね(笑)

そして今、年収2,500万の彼と結婚して、夢だった専業主婦になれました!

​東カレ編集部:理想通りの結婚を叶えたんですね…!

カナエさん:正社員で働いていた頃は、フルタイムでの労働は身体に負担で…ストレスで頻繁に肌荒れしていました。体力もないし、バリキャリ気質でもなかったけど、両親は『大学出たなら正社員で働け』と言っていて。

なので早く結婚して家庭に入りたいと思っていました。家事は小さい頃からしていたので苦ではないし、楽しくやれていますね。


​東カレ編集部:ご自身の婚活を振り返っていかがですか?

カナエさん:とにかく20代のうちに結婚したくて…27歳までは婚活パーティーの数をこなそうと決意していました。そして28歳までに結婚出来なかったら結婚相談所に行こうとは思っていました。結婚相談所は早々に結婚出来るイメージだったので(笑)

それからお金持ちはスレンダー好きが多いと聞いたので、体重を増やさないために夜は軽く食べていました。細身ではなかったので、ジムにも通い、引き締まった体型を目指していましたね。

当時は自分のスペックじゃハイスペ婚は無理と思っていたけど、世界は広い。合う人は必ずいる。容姿が良いのは有利ではあるけど、容姿だけが全てではない。

“数打ちゃ当たる”を信じて沢山の人と出会って、自分を大事にし、後悔しない婚活ライフを送ったからこそ、今の結婚生活があるんだって思います!



若い頃から本気で婚活に取り組み、今の旦那さんとは何がなんでも結婚に持ち込むと決意。20代前半を結婚のために捧げた、その努力を称えたい。


▶Next:9月25日 水曜更新予定
はしごデートを繰り返す婚活女子

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/18 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます