「ありがとう」の反対語わかる?「ごめんなさい」ではありません

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/133819/ )

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。

 

1・受話器の反対語は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/133819/ )

 

答え

B 送話器

解説

「受話器」とは、電話でいうと、耳に当てる方。レシーバーともいいます。音声エネルギーを電気信号に変換します。それと対になっているのが、「送話器」。電話でいうと、口に当てる方。一般的には両方セットになっているものを「受話器」と呼びますね。
ちなみに、Aの「ハンズフリー」は「手が自由な、手がふさがっていない」という意味の言葉で、特に、電話を手で持たなくても通話できる機能を言います。Cの「受信機」は、発信された電波や振動電流を受信して、必要に応じて情報を取り出す装置のこと。ラジオ・テレビなどが「受信機」です。

 

 

2・前倒しの反対語は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/133819/ )

 

答え

C 先送り

解説

「前倒し」とは、予定の時期を繰り上げて予算を使ったり、計画を実施したりすること。反対語は「先送り」で物事の処理・解決などを、先に延ばすことですね。
これ、最近ではAの「後ろ倒し」も「前倒し」の反対語としてよくつかわれるようになってきたのですが、正確には「先送り」が正解です。なんなら実は「前倒し」も新しい言葉でして、本来は「繰り上げ」と言っていました。「予定を繰り上げる」などのように使いますね。
ちなみに、Bの「横倒し」は横に倒すことという意味。ほかに「無法なことを押し通すこと」「借金などを踏み倒すこと」にも使う言葉です。

 

 

3・ありがとうの反対語は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/133819/ )

 

答え

A あたりまえ

解説

こちらは、正確に反対語というわけではないのですが、語源から考えるとそうなります。「ありがとう」とは「有難う」とかき、「有難い」つまり「ふつう、そのようなことはあまりない」という状態を表します。めったにないことにたいし「有難し」「ありがたい」と感じ、お礼をする時には「ありがとう」となるわけです。
一方、「当たり前」はその逆。「あって当たり前」「当然」ということ。「そんなことは滅多にない」を語源とする「ありがとう」と「あって当たり前」が語源の「当たり前」は対になるというわけです。
ちなみに、Bの「ありやすい」という言葉はありません。Cの「ぎりがたい」は対人関係の義理を大切にして、おろそかにしないという意味の言葉です。

 

どうでしたか? 最後の「ありがとう」←→「あたりまえ」にはドキッとしませんでしたか? 反対語を知ることで、言葉をより一層、深く知ることができます。

 

あわせて読みたい

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5( https://otonasalone.jp/126248/ )

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選( https://otonasalone.jp/112746/ )

関連リンク

  • 9/16 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます