すべての母親に警告、子供から絶対に目を離してはいけない理由

拡大画像を見る

幼い子供がいる家庭は「絶対に子供から目を離してはいけない」という教訓を徹底して守っていることだろう。それも幼ければ幼いほど、実は身近なところに危険が潜んでいるのだ。しかし、ほんの一瞬目を離した隙に、大事故につながるケースも少なくない。



ペイジ・ファーグソンさんは生後6ヶ月になるコルトンくんの母親である。彼女はフェイスブックにある投稿をしたことがきっかけで話題になっている。



ある日、コルトンくんを連れて友人宅に遊びに行ったときのこと。息子を寝かしつけるため、友人のクイーンサイズのベッドに彼を置いていったという。しかし少し目を離した隙にコルトンくんは60センチの高さのベッドから落下。大きな音を聞いたペイジさんと婚約者のブレイク・リントンさんが慌てて様子を見に行くと、そこには大きなたんこぶを作って泣いているコルトンくんの姿があったという。しかし、息子の非常事態であるにも関わらず、ペイジさんは初めての事態にパニックになってしまい、身動きが全く取れなかったという。

 




その後、病院に行く道中、大きなたんこぶができている以外、とくに目立った外傷がなかったので、2人とも大したことはないだろうと思っていたという。しかし実際に病院でCTスキャンをしてみると、コルトンくんの頭蓋骨は骨折していた。



危険な状態にあったコルトンくんはその後、テネシー州にある小児病院に搬送され、緊急で脳の手術が行われる。また、担当の医師からは、手術をしても助からないだろうと宣告されたという。幸いに、2ヶ月間に及ぶ治療の末、奇跡的に回復したコルトンくんは帰宅を許された。



「本当によかった。先生からはコルトンみたいな怪我をしたら普通は死んでしまうんですよ、って言われてたわ。だけど、奇跡が起きたのよ」とペイジさん。

 




しかし脳に障害を残した彼は「昔のコルトンくん」ではなくなってしまったという。ペイジさんは「今までは積極的に声を出して何かを話そうとしていたのに、今ではそれがありません。コルトンはいつもいらいらした様子で、顔が強張っているんです。昔のコルトンが懐かしいです」と心境を語った。



奇跡的にも命を取り留めたコルトンくん。しかし親の不注意によって奪われた彼の健康な未来は、もう戻ってこないのかもしれない。


(大紀元日本ウェブ編集部)

  • 9/16 11:15
  • 大紀元

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • クィーンサイズでも柵がないベッドに赤ちゃんを1人で寝せるのは危険すぎる。可哀想だ。。。

記事の無断転載を禁じます