もう飽きられた? 宇垣美里の「ナメられたくない理由」が女性たちからフルボッコ状態に

拡大画像を見る

 今年3月にTBSを退社した宇垣美里に対する世間の反応が、悪いほうに変わってきているようだ。

 局アナ時代は“闇発言”が話題となり、フリー転身後も発言の面白さからイベントに引っ張りだこ。その言動が逐一ネット上で取り上げられていたものだった。

 自身のコラムでは「怒りと絶望が原動力」と語り、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には「ナメられたくない」と発言するなど、常に尖っている印象の宇垣だが、9月10日発売の『週刊SPA!』(扶桑社)では、その理由について言及している。

「宇垣はその真意を『ナメられたくないというより、甘やかされて生きたくない』と説明。童顔ということもあり、『いいよ、座っていて』と必要以上に優しくされたり、『早く結婚していい感じのお嫁さんになりそうだね』と言われたりしてきたそうで、彼女はそういう接し方をされたくないとの思いから『ナメられたくない』という言葉に繫がったと語っています」(芸能ライター)

 しかし、女性が多く集まるネット掲示板では「くだらね」「なんかこの人めんどくさい」「アナウンサーらしい仕事をすればナメめられないんだよなぁ」とフルボッコ状態に。「早く結婚していい感じのお嫁さんになりそうだね」と言われたことについても、「ただの社交辞令で、それは別にナメられてるとか、甘やかされてるとかじゃないと思う」との呆れ声も聞かれる。

「宇垣が注目され始めた当初は、『マイメロ論』をはじめとした飾らない言葉が多くの女性たちの共感を呼びました。しかし、宇垣の発言があまりにも強気一辺倒のため、飽きられたのを通り越して鼻につき始めた人が増えてきているのは事実。ナメられたくないわりに、グラビア仕事が中心で女を武器に仕事していることも、アンチを増殖させる要素となっています。こうした女性からの好感度が急激に下がっているとの情報は、当然、広告代理店やテレビ関係者の耳に入っている。テレビのレギュラー番組が決まらないのも、それが大きな理由では」(テレビ局関係者)

 何に対してバリアを張っているのかわからないが、強気な言動は程々にしておいたほうが良さそうだ。

  • 9/12 21:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

11

記事の無断転載を禁じます