黒柳徹子、後輩・東京音大生と手をつないで全力熱唱「尊敬しちゃう」

拡大画像を見る

女優・タレントの黒柳徹子が、25日に放送された日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30~25日20:54)で、母校・東京音楽大学の生徒たちと「翼をください」を生合唱した。

これまで同番組で若い学生たちと交流してきた黒柳は、今回、母校である東京音大の学生に「生き方」の授業を展開。そんな彼らと、メイン会場の東京・両国国技館で、「翼をください」の大合唱を行った。

曲が始まる前から、黒柳は両サイドの学生と手をつなぎ、その腕を前後に振りながら全力で熱唱。合唱であるにもかかわらず、黒柳の特徴的な歌声が国技館の中に響きわたっていた。

合唱を終え、黒柳はご満悦の表情で「ありがとうございました。後輩がしっかりしていて、みんな全部歌詞覚えていてすごい。尊敬しちゃう(笑)」と、歌詞を覚えるのが苦手だった自身を引き合いに出しながら絶賛。

そして、学生が「あらためて歌うことって楽しいなって思いましたし、大先輩の黒柳徹子さんと大好きなみんなと、素敵な舞台に立てて本当にいい経験になりました。あまり自信がなかったんですけど、いろいろ教わって自信がつきましたし、教えてもらったことを忘れないようにこれからも頑張って夢に向かって進んでいきたいと思います」と決意を述べると、黒柳は「いいと思う。みんなもそうじゃない? きっと自信なんて初めからないですよね」と、エールを送っていた。

関連リンク

  • 8/25 18:25
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます