水卜アナ、完走後の軽やかさに羽鳥びっくり「階段駆け上がってきたね」

拡大画像を見る

日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30~25日20:54)で開催されている「24時間駅伝」の第3走者を務めた水卜麻美アナウンサーが、25日17時27分頃に会場の両国国技館に戻ってきた。

フリーアナウンサーの羽鳥慎一とともに今年の総合司会も務めている水卜アナ。第3走者として14時18分に42.195キロを完走し、アンカーのいとうあさこにたすきをつないだ。

そして17時27分頃、総合司会の定位置に戻った水卜アナ。共演者たちから「お帰り~!」と迎えられ、「いろいろありがとうございました。本当に楽しかったですし、応援が力になりました。『ありがとう』言うために走ったのに、みんなからいろいろ声をかけてもらって」と感謝の思いを述べた。

羽鳥が「いま階段駆け上がってきたね」と驚くと、「ちょっとかっこつけちゃいました」と水卜アナ。また、徳光和夫から「びっくりしたね。素晴らしいランニングフォームでした」と称賛されると、「ありがとうございます」と喜び、「ここからは総合司会としてやらせていただきます。お待ちかね『笑点』のお時間です」と切り替えて進行を務めた。

関連リンク

  • 8/25 18:16
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます