SNS反響の『ワンダーウォール』、映画公開決定! 追加撮影出演者を募集

拡大画像を見る

NHK・BSプレミアムで放送され、話題を呼んだドラマ『ワンダーウォール』が映画化されることがこの度、明らかになった。2020年初春公開を予定している。

同作は京都にある大学のちょっと変わった学生寮・近衛寮を舞台にしたドキュメンタリードラマ。寮の老朽化を理由に取り壊しを進めたい大学と向き合う学生たちの、葛藤と青春が描かれた。

昨年放送され、未公開カットを含むディレクターズカット版にて、劇場公開が決定。約1500人のオーディションから選ばれた須藤蓮、岡山天音、三村和敬、中崎敏、若葉竜也、成海璃子らが出演し、NHK京都放送局の25歳・前田悠希が監督を務めた。NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』『ジョゼと虎と魚たち』『天然コケッコー』『その街のこども 劇場版』の渡辺あやが脚本を担当する。

今回の映画化にあたり、 9月7日にテーマ曲「ワンダーウォール」を再び収録することが決定。ドラマオリジナル版では、学生を中心におよそ50人が集まって即席セッションをしたが、今回は規模を拡大し、追加撮影出演者募集する。「ドラマに共感した人」が幅広くみんなで集まり、前回を超える大セッションを目指す。曲は、前回のテーマ曲の続きを、作曲家・岩崎太整が書き下ろす。
○須藤蓮 コメント

ワンダーウォールは、僕を、孤独で暗い所から、暖かい壁の向こうへと連れて行ってくれました。
そこににいる時は、日々形を変えた心と体が、一番最初の形へ戻って行く気がします。
僕にとっての永遠の一瞬。
それが劇場作品という形で永遠になります。
○渡辺あや コメント

『ワンダーウォール』が映画になります。
あの小さな作品が、放送されてから一年の間にたくさんの仲間を作ることができたのです。
「大切なものを守りたい」。
その気持ちをまた多くの方々と分かち合えることになりました。
私にはそのことがなによりまぶしい希望に思えて、うれしくってたまりません。
○岩崎太整 コメント

2018年に消えようとしていた火が、もう一度点きました。まだマッチの様にか細いですが、皆さんと大事に育てていくことが出来れば、きっと凄い力を生んでくれるような気がしています。だって、マッチの火って儚げな様でいて、マグマの2倍も熱いんですから。
○前田悠希 コメント

もう一度、この物語を届けられることを心から嬉しく思います。この作品は苦しい現実を描いています。でも、弱さにもがき悩みながら、壁に立ち向かう人間の姿は美しく、希望に満ちたものだと信じて撮影に臨みました。現代日本に生きる全ての方に、見て、感じてもらいたい作品です。

関連リンク

  • 8/25 18:07
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます