ドラッグ依存者に前脚を切断された犬、新たな飼い主の愛情受ける(カナダ)

拡大画像を見る

カナダのオンタリオ州トロント在住の不動産業を営みモデルでもあるエリン・ブラークさん(Erin Blaak、31)と仏パリ出身のシェフをしているロマン・アブリルさん(Romain Avril、33)のカップルは、3頭の犬を飼っている。

動物に対して愛情深い2人は、3頭ともなんらかの保護を必要としていた犬を迎え入れたようだ。中でも両前脚の無い“トゥルー”という名の2歳雄のミックス犬は、エリンさんがインターネットで見つけた時に胸が締めつけられる思いにかられ、ロマンさんと相談してすぐに引き取ることにした犬である。

トゥルーはエリンさんのもとに来る前まではウクライナで暮らしていたが、トゥルーの元の飼い主はドラッグやアルコールの依存者だった。ある日のこと、庭に穴を掘ったトゥルーに激怒したその飼い主はトゥルーの両方の前脚を切断してしまったのだ。

トゥルーは痛みに耐えながら身体を引きずるようにして逃げたようだが、近隣住民がすぐに動物シェルターへと連れて行き、すぐに足の治療が行われた。またトゥルーの飼い主はその後、ドラッグの過剰摂取で亡くなったと伝えられている。

ウクライナの動物シェルターで数か月を過ごしたトゥルーは、切断された箇所は治癒できたものの「ここで生活していくのは難しいのではないか」とシェルター側では心配した。

そしてパートナー提携しているカナダのトロントに拠点を置く動物保護団体「Cause 4 Paws」に連絡し、トゥルーの新しい飼い主を募るためにFacebookでもその情報を公開した。それを目にしたのがエリンさんだった。

エリンさんは「Cause 4 Paws」に連絡を取り、引き取ることを申し出た。これにより昨年の12月4日にトゥルーはウクライナからカナダのトロントへと空輸で運ばれ、晴れてエリンさんカップルと対面した。エリンさんはその時のことを次のように語っている。

「トロント空港でトゥルーに初めて会った時は感動しました。トゥルーを迎え入れて新しい生活を支えてあげられることにとても幸せを感じたものです。」

トゥルーは普段、家の中にいる時は後ろ脚だけで飛び跳ねるように移動し、今はベッドやソファーにも自分で上がれるほど器用に動き回っている。外に出るときはエリンさんらが用意した専用の車椅子を装着するが、トゥルーはさらに動き回ることができるという。

エリンさんらに引き取られたトゥルーは愛情をたっぷり受け、同居犬とも仲良く遊び、とても幸せそうだ。なお現在、エリンさんは手足を切断した人達のためのセラピー犬としてトゥルーをトレーニングしているとのことだ。

画像は『Metro 2019年7月24日付「Dog who had his front legs chopped off for digging a hole is training as a therapy dog for amputees」(Picture: MDWfeatures / @true.cause4paws)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 8/24 21:21
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    8/25 3:00

    同感最近学生も影響があるとかタバコよりたちが悪い前科付きで厳しくしなければ。

  • FuJiSaWa

    8/25 0:13

    ヤク中に天罰を!!

  • ヤン中佐

    8/24 23:55

    虐待する前にくたばりゃよかったのに。ヤク中はろくなもんじゃねえ。

記事の無断転載を禁じます