松本潤「チーフP」、横山裕「関西支社長」…嵐活動休止後の仰天人事

拡大画像を見る

 8月上旬、アメリカ・LAを、嵐の松本潤(35)が極秘訪問していたことを、8月21日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。

 8月10日、LAにある日本人街「リトルトーキョー」では、日本の伝統芸能や文化などを紹介する「二世週祭」が行われていた。日本からはジャニーズJr.の人気6人組ユニット「美 少年」が参加し、ジャニーズのヒット曲を披露した。

「二世週祭は、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏の父親が始めたもので、今年の二世週祭には、ジャニー氏本人が参加する予定でした。ところが、7月9日にジャニー氏が逝去。松本は、ジャニー氏の代わりに自分がこのイベントに立ち会う、という決意で、忙しいスケジュールの合間を縫って渡米したと、『女性セブン』では報じています」(芸能記者)

「美 少年」は、“ジャニーさんの置き土産”と評されるほど、将来を期待されているユニットで、生前のジャニー氏はアメリカで武者修行をさせたいと考えていたという。

「今年4月に開催されたジャニーズJr.ユニットが出演するイベントで、『美 少年』のLAデビューが発表されてから数日後には、松本は『美 少年』のステージを見学し、真剣な表情でメモを取っていたといいます。また、松本は自宅にメンバーらを呼んで、どんなコンサートにしたいのか、自分たちはこうしてきた、といったアドバイスを積極的に行っていたと『女性セブン』の記事では伝えています」(前出の芸能記者)

 2020年いっぱいで活動休止することが明らかになっている嵐。活動休止後、松本は俳優の仕事をベースに、コンサートの演出やプロデュースなど、裏方の仕事も行っていくことは、さまざまなメディアで報じられている。

 松本は、嵐のコンサートでは演出や構成を担当しているほか、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeといった後輩グループのコンサートにも顔を出し、演出だけでなく、後輩たちに熱心にアドバイスをしているという。

「新たにジャニーズ事務所の社長に就任する予定の藤島ジュリー景子副社長は、社長に就任した後も、表舞台に出てくることはないといわれているんです。ジュリー氏は会社の経営面だけを見て、タレントの活動は社員に任せる。そして、若手のグループのプロデュースは現在活躍しているタレントが担当するという構想だといいます。

 実際、Kinki Kidsの堂本光一(40)がHey!Say!JUMPのプロデュース担当になるという話が、内部ではすでに話されているといいます。そして、デビューからこれまで手塩にかけて育ててきた嵐の、それも最も信頼を置いている松本を、その現役タレント兼プロデューサーの中心に据えたいと考えていると聞こえていています」(芸能プロ関係者)

■松潤をプロデュースの中心に据えたいジュリー氏の思惑…

 嵐の活動休止後、関ジャニ∞も事実上の活動休止、または解散することになるのではとささやかれている。

 今年3月に『週刊文春』(文藝春秋)が、メンバーの錦戸亮(34)に脱退の動きがあると報じて以降、グループが活動を休止するのではないかと、現在もその動向が注目されている。

「関ジャニの横山裕(38)と大倉忠義(34)も、活動休止を見据えてなのか、関西ジャニーズJr.に注力しているといいます」(前出の芸能プロ関係者)

 昨秋行われた関西ジャニーズJr.のコンサートでは、大倉がライブ全体の構成を、横山が企画コーナーの演出を担当したという。さらに昨年、関西ジャニーズJr.のメンバーで結成したユニット「なにわ男子」のプロデュースでは、大倉がダンスのアドバイスや、横山が企画コーナーの演出を考えるなどしていると『女性セブン』では伝えている。

「少し前、『ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明(37)と大倉が、関西ジャニーズの新しいプロジェクトの打ち合わせを行った際には、滝沢以上に大倉が意見やアイデアを出したりしていたとか。また、横山は、関西ジャニーズJr.の新たなユニット『Aぇ!group』の舞台演出も担当しています。横山、大倉ともに、関西ジャニーズJr.たちからの信頼も厚いようです。

 そういったこともあり、ジャニーズ事務所に近い関係者から聞こえてきている話では、松本が『チーフプロデューサー』として、デビュー済みのグループを中心に東京のジャニーズJr.のプロデュースや演出を担当し、横山が『関西支社長』、大倉が『西日本担当プロデューサー』といったような肩書を持ち、裏方仕事にも力を入れていくのではないかといいます」(前同)

 しかし、そうなると、芸能界を引退し、ジャニーズJr.の育成やプロデュースに専念する滝沢と松本との兼ね合いが気になるところだが……。

「やはり、松本と滝沢の仕事の被りというのは発生すると思われます。滝沢は8月8日のジャニーズJr.単独での東京ドーム公演を成功させ、さらに公演内でのSixTONESとSnow Manの同時デビューを発表するなど、プロデューサーとして軌道に乗りつつある。ところが今、報道では滝沢以上に松本の手腕に注目が集まっているのが現状です。

 滝沢と松本の間に個人的な確執はないとは思いますが、滝沢とジュリー氏は口を利かないほど不仲だといいます。次期社長のジュリー氏としては、自身に反発する滝沢ではなく、“ジュリー派”といわれ、コントロールしやすい松本を制作やプロデュースの中心に置いておきたいという思惑を感じますね」(同)

 ジャニー氏亡き後のジャニーズ事務所……9月4日の「お別れ会」後も、しばらく混乱が続きそうだ。

関連リンク

  • 8/23 7:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7

記事の無断転載を禁じます