【U-18W杯】甲子園4強捕手が、佐々木朗希に驚愕 ブルペン投球受け「全てが凄い…」

拡大画像を見る

30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する日本代表の合宿が22日、都内のグラウンドでスタートした。高校最速163キロ右腕・大船渡(岩手)の佐々木朗希投手は早速ブルペン入り。22球を投げたが、受けた明石商(兵庫)の水上桂捕手は「スピード、切れ、伸び、すべてが凄い」と驚くばかりだった。

変化球もすごかった フォークを捕球できず

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する日本代表の合宿が22日、都内のグラウンドでスタートした。高校最速163キロ右腕・大船渡(岩手)の佐々木朗希投手は早速ブルペン入り。22球を投げたが、受けた明石商(兵庫)の水上桂捕手は「スピード、切れ、伸び、すべてが凄い」と驚くばかりだった。

 わずか22球だったが、その凄さは左手にはめたキャッチャーミットに伝わった。「あんなボール、受けたことがありません。スピード、切れ、伸び、全てが凄い。低めの直球が伸びてきました……」。

 明石商は春夏連続でベスト4に進出した強豪校。2年生エースの中森は甲子園で151キロを計測したが、佐々木はやはり“次元”が違うという。「手足が長くて角度がある。柔軟性があって肘の使い方も柔らかいのでボールも伸びてくる……」。

 変化球にも驚かされた。フォークを捕球できなかった。多少引っかかってため特殊な変化をしたというが、フォーク、スライダーは抜群という。「スライダーは打者の手元で鋭く曲がる。本当に凄いです」と興奮冷めやらぬ様子だった。(片倉尚文 / Naofumi Katakura)

関連リンク

  • 8/22 20:26
  • フルカウント

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます