【中国の反応】河野外相が中国の報道局長との自撮りを公開! 中国SNS「まるで○○みたい!」の声が続出

拡大画像を見る

日中韓外相会談のため北京を訪れた河野太郎外相。対北朝鮮政策、徴用工などで注目されるなか、あるほっこりツイートが話題となっている。それは中国外務省の報道局長・華春瑩(か・しゅんえい)氏との自撮り写真だ。

華報道局長といえば、会見では厳しい態度や表現も辞さないことで知られるが、それがこの笑顔。和やかなムードに「いい笑顔」と日本で話題となった。この自撮りが中国でも報じられたのだが、ネットユーザーからさらに踏み込んだ反応が寄せられている。

・日本大使館も中国SNSに投稿!

2人の自撮り写真は、8月21日に在中国日本大使館の公式Weiboでも投稿され、さらに拡散。ニッコリ笑顔の2人に中国ネットユーザーも反応! 隣国の友人どころか、「まるで夫婦みたい!」という声が続出したのだ。

2人の笑顔が作り物ではなく、自然で親密なものに受け取られたのだろう。そのほかにも

「なんて温かい笑顔なんだ!」
「河野外相って可愛いね」
「永遠に仲が悪い国なんてないんだなぁと感じる」
「日中友好バンザイ!」

と、2人の自撮り写真自体には歓迎ムード。一方で、

「スポークスマンが笑顔だからといって、王毅外相がどう考えてるかは別の話」

という冷静な意見もあった。

・万里の長城ツイートも話題に

中国で注目された河野外相のツイートは、この自撮り写真だけではない。日本時間の21日0時59分に万里の長城に登った写真が投稿されたのだ。日中外相会談 → 記者会見 → 日中韓外相夕食会の後だという。ネットユーザーからはそのアクティブさに感心する声が多く寄せられている。

ちなみに……このツイートには一言「不到長城非好漢」という言葉が書かれている。これは1935年に毛沢東が詠んだ漢詩『清平楽・六盘山』の一節だ。

直訳すると「万里の長城に行かなければ男じゃない」という意味だが、転じて「困難を克服し、目的を達成してこそ英雄豪傑」、そこから夢や目標を追う人に対し「何があっても諦めないで頑張り続けよう」と鼓舞する意としても使われるのだ。

万里の長城という場で中国人なら誰でも知っているこの言葉を、それもこのタイミングで……! なんてスマートな投稿だろう!! 日中両国で河野外相の好感度が上がっていくのも納得である。

参照元:Twitter @konotarogomame、Sina Weibo @日本国驻华大使馆
執筆:沢井メグ

関連リンク

  • 8/22 14:40
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 皆さんのコメントの通りだと思います。中国は歴史が有り、リスペクト、共感出来る事が多々有るが、南朝鮮にはそれが全く皆無。早く沈んでくれ。

  • 碧き雪

    8/24 17:40

    交渉すべきは中国であって、南などとは早く手を切れば良いのですよ。 中国とは切りたくても切れない縁なのですからね。 南は、無視するのが一番だね。話せば、反日と強盗しかされないから。 レーダー照射も加わって、敵国という事がハッキリしたのだから、GSOMIAを切ってくれて良かったですね。

  • しよく

    8/24 14:45

    河野外相はいい仕事してるんじゃないのか。多くの国に同時に嫌われて生きていけるほど今の日本は強くない。韓国との関係が最悪な今、中国との関係を押さえておこうという姿勢が見て取れるな。

記事の無断転載を禁じます