地球温暖化の原因は人間じゃない

拡大画像を見る

フィンランドのトゥルク大学の研究が、直近の過去100年間で人間が地球の温暖化に影響を及ぼしたことはほとんどないということを発表しました。


人為的なCO2濃度の上昇が温暖化にあまり関係がないという事実に目を向ければ、人為的気候変動というのは実際には存在しないということです。


トゥルク大学の研究によれば、過去100年の間に気候が摂氏0.1度上がったとしても、人間が気候の上昇の原因だと思われるのはそのうちのたった0.01度しかありません。


そのため、トゥルク大学の研究員たちは人為的な気候変動を主張するIPCC(気候変動に関する政府間パネル)に反論しました。

さらに、IPCCの結論はコンピューティングで考察されたものであり、理論に合わなかったため、雲の形成がもたらす影響を除外して導かれている一方、トゥルク大学は実際の実証実験を経て結論に至ったものなのです。


トゥルク大学は低い雲の生成が気候変動に関与しているということを突き止めました。


そしてトゥルク大学と日本の神戸大学が共同で6月28日に発表したのが「地球の気候に与える宇宙線の影響」という論文で、それには雲の形成が気候に大きく影響すると書かれています。神戸大学の兵頭政幸教授と他数名の研究者たちは、地球に銀河宇宙線が届くのは雲の形成に関係があるということを理論化しました。それは地球の磁場の力に反比例しています。





 


 

 



 



 



 

 

 



 

 



 

 

 



A new study conducted by a Finnish research team has found little evidence to support the idea of man-made climate change. The results of the study were soon corroborated by researchers in Japan In a paper published late last month, entitled ‘No experimental evidence for the significant anthropogenic climate change’, a team of scientists at Turku University in Finland determined that current climate models fail to take into account the effects of cloud coverage on global temperatures, causing them to overestimate the impact of human-generated greenhouse gasses Models used by official bodies such as the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) “cannot compute correctly the natural component included in the observed global temperature,” the study said, adding that “a strong negative feedback of the clouds is missing” in the models Adjusting for the cloud coverage factor and accounting for greenhouse gas emissions, the researchers found that mankind is simply not having much of an effect on the Earth’s temperature If we pay attention to the fact that only a small part of the increased CO2 concentration is anthropogenic, we have to recognize that the anthropogenic climate change does not exist in practice Link: https://www.rt.com/news/464051-finnish-study-no-evidence-warming/ Link to Finnish Study on Slide 5: https://arxiv.org/pdf/1907.00165.pdf Link to Japanese Study on Slide 6: https://www.sciencedaily.com/releases/2019/07/190703121407.htm #climatechange #justredpills


Red Pillsさん(@justredpills)がシェアした投稿 - 2019年 7月月13日午後10時34分PDT





兵藤教授によれば、78万年前、地球は同様の低磁場に直面し、それに対応して宇宙線が大量に増加しました。この結果、暴風や砂嵐が雲を活性化し、結果的に「日傘効果」が現れ気候が変動しということです。


神戸大学の論文には「78万年前、銀河宇宙線が地球の最後に地磁気逆転した時、雲の日傘効果で大陸が強く冷却され、シベリア高気圧が強化されたことによって冬の季節風が強まったということである。これは、銀河宇宙線が地球の気候に影響を与えている証拠である」と記述されています。


IPCC(気候変動に関する政府間パネル)はそれに反論し、神戸大学の論文を査読もせず、フィンランドのチームは気候コンピューティングモデルを明らかに拒否したが、彼らのレポートはそのモデルを基にしていたと反論しました。




大気中のCO2に対する人間の影響と気候変動への影響の理論は、今度もずっと科学的および政治的な議論で討論され続けるでしょう。


(大紀元日本ウェブ編集部)

  • 8/20 5:53
  • 大紀元

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

19
  • 脱走兵

    8/22 22:13

    要するに、専門家もはっきりした理由がわかんないという事だよね?なら、いろいろ試してみるのも大事だけど、やっぱり解らなかったという時のために、『環境を変える』のではなく『環境に適応する』方法を探っておくほうが確実性があると思う。

  • ケンケン

    8/22 16:41

    糞な政府でっち上げする糞だからなー なんせテメーらの貯蓄と国民から血税を巻き上げるため 国民を苦しめて自分達は潤う糞な売国日本議員朝○人議員

  • …ず…

    8/22 13:41

    そうなの?( ゚ε゚;)どこの人たちが亡くなってるの?

記事の無断転載を禁じます