「もう飼えない」飼い主に拒絶されるも、200キロ歩き戻ろうとした犬(露)

拡大画像を見る

ロシアのノヴォシビルスク在住でブルマスティフを飼育しているアッラ・モロゾワさん(Alla Morozova)は、生後5か月のメスのブルマスティフをクラスノヤルスクに住むカップルに売り、子犬を託すことにした。

子犬はそのカップルに“マル”と名付けられて飼われていたが、半年が経つとアッラさんに「アレルギーがある」との理由で「もう飼うことができないため、マルを返したい」と連絡した。

実はアッラさん、送り出した子犬について「もし犬が飼えなくなった時は必ず連絡するように」と約束を交わしていた。そしてマルはシベリア横断鉄道の貨物列車に乗り、その間は鉄道係員が世話をすることでノヴォシビルスクまで送り返すこととなった。

ところがマルを乗せた列車がクラスノヤルスクを出発して200キロほど先のアチンスク付近にある小さな駅に停車した時、マルは脱走してしまった。その時に対応した鉄道係員は「犬はドアにジャンプしてハンドルを開け、弾丸のように外に飛び出したため、そばにいた車掌が列車から転落しそうになりました。そして犬は、そのまま森の中へと消えて行ったのです」と話している。

鉄道係員はマルを飼っていたカップルに連絡し、彼らからアッラさんに連絡が入った。アッラさんはマルの安否を思うと居ても立っても居られない状態だったが、ノヴォシビルスクからアチンスクまでは600キロ以上も離れているため、カップルにアチンスク付近でマルを探すように依頼した。しかし彼らはそれを断り、電話を切ってしまったのだ。

アッラさんは当時のことについて、後にこう明かしている。

「憤慨するしかありませんでした。マルが行方不明にもかかわらず、彼らは『大丈夫なんじゃない』といった感じで全く動揺もなかったのです。それが彼らの答えでした。『犬を列車に乗せて送ったから、もう関係ない』とでも思ったのでしょう。」

アッラさんはマルの情報を載せたリーフレットを作って配布し、ネットで情報提供を呼びかけてマルを必死で探した。そして2日後、マルは逃げた場所から200キロ離れたカップルの住む町の鉄道の盛り土の上で、ボランティアの人達によって発見された。マルは自分を手放した飼い主のもとへと戻ろうとしたのだ。

マルは2日半もの間、何も食べずに線路に沿って200キロを歩き続けたようだ。そのためマルは足の肉球が傷ついており、その足をかばいながら歩いていたと見られている。また鼻にも傷があったが、列車から飛び降りた際にぶつけたもののようだ。マルを発見したボランティアの女性によると、「マルは目に涙をためていた」そうだ。

アッラさんは「列車に乗せられたマルは列車が走る音が怖くてパニックになり逃げ出したと思われます。マルは2日間半も森の中を走ってきたようですが、幸運にも熊や狼にも襲われることがありませんでした」と語り、こうも述べた。

「マルが飼い主を探していたのは確かです。犬は本当に飼い主が大好きなんです。そして私の住むノヴォシビルスクでなく一緒に暮らした飼い主のもとへ帰りたい一心で道に迷わず正しい方向へ向かって戻ったことに驚きました。」

その後、アッラさんが連れて帰ったマルは怪我の治療を受けており、母犬や父犬とも久々に再会できて嬉しそうにしているとのことだ。

画像は『Siberian Times 2019年7月20日付「Dog walks 200km across taiga as she looks for owners who rejected her」(Pictures: Darya Stulinskaya, Prima TV, @homeless_dog_krsk)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 7/24 5:25
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • トリトン

    7/24 9:12

    避ける✘

  • トリトン

    7/24 9:11

    壁さん矢印2つですあなたがそんなこと言う訳ありません名指しを避やめたただけです。紛らわしくてごめんなさい。

  • toto

    7/24 9:07

    壁∥* ̄ー ̄) トリトンさん ごめんなさい 思わず泣いてしまって… マルが ちゃんと愛情のある本当の家族の元へ帰れてよかったなって

記事の無断転載を禁じます