庶民的すぎる!後藤真希、インスタ“街角おしゃれ投稿”で好感度爆上げ?

拡大画像を見る

 自身の不貞騒動が原因で、長くインスタグラムの投稿を控えていた後藤真希。投稿を再開したのは去る7月1日のこと。3月8日以来、約4カ月ぶりに写真を公開し、その後は精力的に投稿を続けている。

「復帰後最初の投稿で『皆さんの応援に応えられるよう、私に出来る事を一生懸命頑張ります!』と書いただけで、不貞に関する記述は一切なし。彼女が『まきふく』と呼ぶ、服のショットが中心です」(芸能ライター)

 おしゃれな服を着てポーズを決めるゴマキの姿はとてもキュート。だが、彼女が背景にまったくこだわっていないことが、話題になっている。

「女性タレントがその日の服装の写真をインスタで公開することは珍しくありません。服のブランドをタグづけする人もいます。この場合、少しでもおしゃれに見せようと背景や写真の撮り方にもこだわるものなんですが、ゴマキはまったくといっていいぐらい気を使っていません(笑)」(前出・芸能ライター)

 7月3日公開の写真は、シミの目立つブロック塀の前で撮影。塀の向こうにあるのは、物置か何かだろうか。

 7月8日は下町感あふれるこれまたブロック塀の前で撮った写真だ。

「以前の彼女はおしゃれな建物をバックにするなど、もう少し気を使っていたんですが、いったいどうしたのでしょうか。マギーのインスタを見せてあげたいぐらいですよ(笑)。もっとも、そんな庶民的な所がいいという声もあり、むしろ好感度は上がっているようです」(前出・芸能ライター)

 庶民派投稿によって不貞騒動でガタ落ちした評判を取り戻すことができるだろうか!?

関連リンク

  • 7/21 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます