片岡愛之助の不倫疑惑を藤原紀香は一蹴! スピリチュアルの絆は強い

拡大画像を見る

 藤原紀香と片岡愛之助夫婦と、スピリチュアルなセラピスト“Aさん”との交友を7月11日発売の「女性セブン」(小学館)が報じた。取材を受けたAさんの知人によれば、Aさんが施すのは「ただのマッサージではありません」という。

「彼女は施術によって“オーラや魂が浄化される”と謳っていて、霊視やタロットカード占いも行います」
「自らを『魔女』と称することもある50代の女性で、“私はすごいパワーを持っている”と豪語している」

 報道によると藤原紀香と片岡愛之助は、夫婦でAさんに傾倒している。特に愛之助は週に1度はAさんのマンションに通い、深夜遅い時間に4~5時間入り浸っているそうだ。Aさんは友人間で「愛之助が」と呼び捨てで話すのだという。

 これを「不倫の兆候では」と心配する歌舞伎関係者の声を受け、同誌はAさんを直撃。「愛之助さんと男女の関係を心配する声もある」と問われたAさんは「うふふ。何もあるわけないし(笑)」とかわし、その場で紀香に電話をかけたそうだ。紀香は「主人の女性問題を取材しても何もございませんので」と余裕のコメント。よほどAさんと愛之助を信用しているのだろう。

 そもそも紀香と愛之助はともにスピリチュアルへの深い興味を抱いており、相性はばっちり。紀香は水素水や酸素水など“水”にこだわってきたことで有名、最近では宝石水なるものをブログで紹介している。鉱石のエネルギーが酸素水と合体して色々とすごいことになるそうだ。

 一方の愛之助も、おそらく水のこだわりに同調しているのだろう。なにしろふたりの結婚式の引き出物は、“水素生成器”だ。

 片岡愛之助自身、過去にテレビ番組で、“特殊な子ども”だったと告白。神様や死神など、他の人には見えないものが見えたという。そんな片岡愛之助だからこそ、藤原紀香と上手くいっているのではないか。

 過去のことを持ち出すのは野暮だが、紀香の初婚相手だった陣内智則は、スピリチュアルとは真逆のリアリスト。陣内の浮気が離婚の原因だとされてはいるが、結局のところ価値観の相違は大きかったのだろう。

  • 7/20 0:00
  • messy

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます