『3年A組』でも大注目の【望月歩】「品がある女のコに惹かれます♡」≪新NEXT BOY第1回≫

Check! 01

望月歩(もちづき・あゆむ)くんの
プロフィールをご紹介♡

2000年9月28日生まれ。’14年WOWOWドラマ『埋もれる』で本格デビューした望月くん。’15年には映画『ソロモンの偽証』に出演し、その怪演で一躍注目を浴びました。その後、ドラマ『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(’15年)、舞台『真田十勇士』(’16年)、ドラマ『母になる』(’17年)、ドラマ『アンナチュラル』(’18年)など話題作に立て続けに出演。今年はドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質です―』に菅田将暉演じる柊先生の生徒役として出演。物語の後半ではキーパーソンとして活躍するなど、今大注目の大型若手俳優なんです!

Check! 02

望月くんのお休みは……。
10時間たっぷりとゲーム三昧?!

――望月くんのチャームポイント、モテポイントを教えて下さい!
自分ではめっちゃくちゃ優しい自信はあります! 周りの人からは程よくゆるいって言われます。あとは僕が女のコだったら、こういう人がいいっていう人になろうと思って生きてきました。言葉にするのは難しいですが、こういう人の理想像で今パッと思いついたのは嵐の相葉さんかな~。なんかすごい恥ずかしくなってきました(笑)。

――仲の良い俳優仲間はいますか?
はい。僕は醍醐虎汰朗くんとか濱田龍臣くんとか何人か仲が良い俳優仲間がいます。醍醐は結構定期的にご飯に行ってます。高校が一緒で、他の高校の友達も一緒にラーメンを食べに行ったり、遊びに行ったり。あと龍臣とも醍醐とも一緒にゲームをしています。パソコンでゲームができるカフェみたいなところがあって、別の友達とはそこにも行きました。お互いの出演作品は見るけど、仕事の話はしないかも。僕はずっとゲームしてます(笑)。

――仕事の話は誰としますか?
あまり友達と仕事の話はしないかもしれないですね。悩みもないし、悩んでいたらマネージャーさんに言ってるだろうし。基本的には自己完結です。

――憧れの人はいますか?
特定の誰かはいないけど、歌が上手い人には憧れます。僕はそんなに上手じゃないから。歌手じゃないのに歌が上手いとずるいな~って思います(笑)。例えば、他でも成功してる人が、いや歌も上手いのかよ! みたいな(笑)。そういう人には憧れますね。共演者と一緒にカラオケに行くと、もう女のコはほぼ全員上手いです。「私下手だよ~~」とか言うんですけど、この仕事をしている女のコはみんな上手いって思って良いと思います。僕の意見ですけど(笑)。上手くない人に出会ったことがなくて!

――最近の休日は何をして過ごした?
えー引かれないかな、大丈夫かな……。ずっとゲームしてました。友達とパソコンのゲームができるカフェに行って多分10時間ちょっと。本気でゲームをする人たちにとっては、10時間って多分普通なんですよ。長いなぁっていう感覚がない。ちょっとゲームの種類を変えたりもしますけど、ほぼ同じゲームです。この間は、ちょっと飽きて、他のゲームをちょっとやってから同じゲームに戻りました。友達と過ごす休日はゲームか外出が多いです。1人なら映画を見たり、お風呂に入ってる時間が長いかも。お風呂で台本を読むこともあります。

Check! 03

所作や見つめる目から
品が感じられるコが好き♡

――好きな女の子のタイプを教えて下さい!
品があるコが好きです。騒がしい騒がしくないだけじゃなくて、人を見る目とか、所作から品が感じられるコが素敵だなって思います。

――メイクやファッションはどんなのが好きですか?
こういうのってあんまりないけど、本気で遊ぶ時とか、ちょっと体を動かす時、めっちゃ歩くかもって時にはスニーカーを履いてきて欲しいです! そういう時だけはヒール以外でお願します(笑)。

――今までに失恋をしたことはありますか? その時はどう立ち直りましたか?
もちろん、あります! でも強いて言えば、立ち直ってないのかもしれないです。好きって時に自分の気持ちが上がってたとしたら、失恋した時にガクって落ちるんですよね。でもそこからまた上に戻ったんじゃなくて、落ちた位置からまっすぐ進んでいるというか。立ち直ってはないけど、とりあえず、生きてればいいんじゃない?って感覚かも。

――失恋しちゃった女のコが目の前にいたらどう励ましてあげますか?
相手のコの状況によっても変わってくるんですけど……。失恋じゃなくても悩んでたり、落ち込んでたりする女のコがいたら、話をずっと聞いて、どうしたらいいっていう解決策までは言わないかもしれないです。最終的には自分自身で決めなきゃなんの意味もないと思うから、聞き役に徹します。

Check! 04

みなさんの
”ワクワク”の源になりたい!

――これからどんな俳優に成長していきたいですか?
このまま楽しくやっていきたいなっていうのはずっとあります。今まで共演してきた方々で色々なことに対してすごいワクワクしている方を見ていると、自分もワクワクしてくるんです。だから僕も色々なことにワクワクしてたいし、誰かがワクワクできる源となる人になりたいです。

――今後挑戦したい役柄について、以前ドラマ『3年A組』菅田将暉さんの影響で、先生役とお話してますが、それは今も変わらずですか?
そうですね。だいぶ先になると思うんですけど、先生はいつかはやってみたいなってすごい思ってます。あと、かっこいい映画に出たいです! 戦ったりとかアクション! それと僕同年代の女のコと恋愛ものをやったことがなくて。がっつり1対1でお芝居をやってみたいなと思います。でも主役はめちゃくちゃかっこいいコがやんなきゃいけないから、2人の仲を邪魔する役とかがいいです(笑)。

Check! 05

主演映画で演じたのは
五億円の借金を背負った少年・望来くん

望月くんが演じたのは、幼い頃、善意の募金の五億円により心臓手術に成功し、命を救われた17歳の少年、高月望来(たかつきみらい)。健康に成長した望来は、五億円にふさわしい自分であろうと周囲からの期待を受け、マスコミにさらされる窮屈な青春を送っていた。プレッシャーに耐えられなくなった望来はSNSで自殺を宣言するものの、ある人から「死ぬなら五億円返してから死ね」と言われ……。望来は五億円を稼ぐことができるのか? 五億円を手にした時、待っているのは死なのか?

――もし自分が望来くんだったら、死にたいと思いますか?周りの期待に応えようと思いますか?
監督とも話したんですけど、望来が死のうとした時に、もしSNSのメッセージが届いていなかったとしても、結局死ねてない展開になると思うんです。僕が望来と同じ立場だったら、実際死ぬかどうかは別として、死のうと思った気持ちはすごいわかるから、自分も死のうとするんだと思います。親や周りの人の期待に応えられるコでいられないと、周りを苦しめている感覚になって、自分のことも追い込んでしまうんだと思います。

――望来くんに共感できるところはありますか?
難しいな~。望来が考えているような、人の目だったり、自分と他の人との差だったり、プレッシャーとかですかね。僕も俳優というお仕事をしているので、人からの見え方を考えてしまうから、そこが1番共感できました。あとは感覚の問題なんですけど、五億円かけられた時の覚悟はすごくわかるな~と思います。

――もし望月くんが五億円を稼ぐというミッションを課せられたら、どうやって稼ぎますか?
この作品の取材で聞いて頂くことがあるから考えたんですけど全然わかんなくて。昨日色々計算した結果、お金持ちの人とか5万人から1万円ずつもらえばいいって考えになりました(笑)。事情を話してお願いをして……。仕事も考えたんですけど、その場合は起業するとか、何かを立ち上げるしかないと思います(笑)。望来は宝くじを買いますよね。1枚くらい一応買っておこうっていう気持ちはわかるんですけど、僕は五億円集める方法として宝くじという発想にはならないかも。やっぱり人を集めて、その人達から1人1万円ずつもらうっていうのが1番効率的かなと思います。

――撮影していて印象的だったシーンはどこですか?
全部が印象的! だからどこを取ってもお話できるんですけど、いつもぱって今思いついたものを話すようにしているので、今ぱって思いついたところを話しますね!  森岡さんとの爆発のシーンで、聞いてた話の2倍ぐらいのめちゃくちゃ大きな爆発で(笑)。劇中での僕の「おお」っていう反応が素の反応なんですよ。びっくりするんだろうなとは思ってたんですけど、ほんとにびっくりして、めちゃくちゃ熱くて! そこが一番楽しかったです!

――劇中で沢山のお仕事を経験した中で、1番楽しかったバイトはどれですか?
引っ越し屋さんは楽しかったです! 相方のバーガー長谷川さんの役名が“もの凄くチャラい先輩”なんですよ。“もの凄くチャラい先輩”という役名に対してあそこまで色付けして来て下さって、そんなバーガーさんと一緒に映像の中にいることがすごい楽しかったです!

――添い寝のお仕事はどうでしたか?
僕はいつもお芝居をしている時は楽しいんですよ。楽しいんですけど、添い寝のシーンの撮影の時に、スタッフさんとか周りのみんながニヤニヤしてるように見えたんですよね。絶対してないと思うんですけど(笑)。そういうみんなからの視線をすごい感じてたので、それが今回の撮影で1番きつかったかもしれないです(笑)。

Check! 06

後悔していることは何もない。
だってお仕事がとっても楽しいから!

――デビューからこれまでを振り返って印象に残っていること、辛かったことは?
辛いことがなかったです! どの役をやっていても全然辛くなかった。ただ『ソロモンの偽証』をやっていた時に、役ですごい特殊な髪型をしてたんですけど、それを学校ですごいいじられたのがちょっと辛かったかな。いじられたことがめちゃくちゃ嫌とかではないんですけど、強いていうならそこくらいかな。そのくらい他に辛いと感じたことがなかったです!

――役者というお仕事をしていたからこそ出来なかった後悔や、役者じゃなかったらやってみたかったことはありますか?
文化祭! 僕1回しか出てなくて、修学旅行にも行けてないんですよ。でも行けなかったことが辛くはなかったですね。行けるもんならもちろん行きたいけど、仕方ないって思う部分が強いから全然大丈夫でした。後悔していることも全然なくて、落ち込むこともほぼないんですよ! 仕事で怒られても、悔しい悲しいって感情よりかはしっかりやらなきゃって思いますね!

――後悔しない、落ち込まない、望月くんの元気の源は何ですか?
なんか恥かしいなぁそういうの(笑)。仕事が楽しいからっていうのが1番かな。楽しいから別に怒られたとしてもいいって思える。かっこいいことが言えないなぁ(笑)。納得がいかないことや理不尽なことがある時は、仕事じゃなかったら絶対反論します。目上の人でも全然言います。「あなたが間違ってますよ」って。だけど仕事だったら理不尽って思わない。正しくないことは言われないので。例えば時間がないからこうして欲しいとかは理不尽じゃないし、ちゃんと理由があるから大丈夫なんです。そう考えるとストレスは感じないかもしれないですね。なんでも言っちゃうので。

――最後に、今回この作品を通して1番伝えたいこと、これからご覧になる方にメッセージも合わせてお願いします。
この作品のテーマを見て、重いかもって思っている人が多いんですよ。僕の友達からも「重いからちょっと俺見に行けないかも」って言われたんですけど、重くはないです。確かに題材は重いのかもしれないけど、描き方や作風でとても見やすくなってると思います。あとは僕が望来として色々な人と出会って、色々言葉を受けて成長していく物語だから、その成長を感じて頂き、自分自身が頑張る勇気やきっかけになってくれたら嬉しいです。

information
望月歩くん主演の映画『五億円のじんせい』7月20日全国順次公開

監督:文晟豪(ムン・ソンホ) 脚本:蛭田直美
出演:望月歩
山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり
水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎 / 平田満、西田尚美
主題歌:『みらい』ZAO
配給:NEW CINEMA PROJECT
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

関連リンク

  • 7/19 21:30
  • Ray

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます