宮迫契約解消・引退報道の一方、NEWS手越祐也はなぜスルー? 金塊強奪事件容疑者との交遊写真問題を一切追求しないメディア

拡大画像を見る

 雨上がり決死隊・宮迫博之が芸能界引退を決断──。反社会勢力への闇営業問題で謹慎中の宮迫の進退について、本日、ワイドショーやスポーツ紙はこんなふうに一斉に報じ、大きな話題となっている。

「宮迫が重大な発表をおこなう」という報を昨日の夕方に「NEWSポストセブン」が配信していたように、昨日から何らかの発表があると見られていた。そして本日未明の3時にスポーツニッポンが「宮迫博之 引退申し出 吉本興業 契約解消の可能性も」と報道。その記事では、宮迫と吉本は面談をつづけてきたが、宮迫が「後輩たちをどうにか復帰させてほしい。僕は責任を取って引退します」と引退を申し出たとし、〈広がり続ける騒動にけじめをつけるために決断した〉と伝えた。

 だが、このタイミングで「引退」報道が出てきたのは、本日発売の『FRIDAY』(講談社)の記事が問題になっていることは間違いない。『FRIDAY』は本日発売号で、「宮迫博之 半グレ金塊強奪犯と「ギャラ飲み」現場写真」と題する記事を掲載したのだ。

 その内容は衝撃的なものだ。2016年7月8日、福岡市博多区のJR博多駅近く約7億6000万円相当もの金塊が強奪される事件が起こったが、事件から約3週間後の7月27日、金塊強奪の主犯格とされる野口和樹被告と宮迫が大阪・北新地のキャバクラで同席したというもの。そして『FRIDAY』には、その“証拠写真”ともいうべき、野口被告のグループ数人と宮迫の「記念写真」が掲載されたのだ。

 しかも、この野口被告らのグループには「上半身にびっしり入れ墨が入っている半袖の男性が二人」いたというが、宮迫はそうした人物とも挨拶、さらにその場で同席していた男性から5〜10万円ほどのギャラ(謝礼)を受け取ったというのだ。

 闇営業事件にかんし、未だ“反社会的勢力だとは知らなかった”と主張している宮迫だが、特殊詐欺グループにつづいて、今度は金塊強奪の主犯格とされる人物との写真が出てきたとなれば、さらに批判が高まることは必至。そこで吉本側は『FRIDAY』の発売と合わせて「宮迫が引退を申し出た」という情報をぶつけたのだ。

 宮迫が引退するかどうかについて吉本はまだ正式には発表をおこなっていないが、今回の写真が“芸能界追放”級の衝撃度であることは間違いない。

 だが、問題はここから。「福岡の金塊強盗事件犯との交遊」と聞いて、何かを思い出さないだろうか。そう、ジャニーズ事務所のNEWS・手越祐也の、あの写真の問題だ。

 この金塊強奪事件はJR博多駅前という人目の多い場所で白昼堂々と巨額な金塊が盗まれたこと、さらにその手口が警察官を装ったものだったことなど大きな注目を浴びた。そして、発生から約1年後の2017年5月に7人の容疑者が逮捕されている。この際もテレビなどで大々的に報じられたのだが、当時、ネット上ではある一枚の写真が大きな注目を集めたのだ。

 それは、この金塊強奪事件で、盗品と知りながら事件直後に金塊を換金したとして逮捕された容疑者のひとりがFacebookで公開していた写真。なんとそこには、手越と思われる人物が写っていたからだ。

 2011年に撮影されたと思われるその写真を見ると、飲み屋(クラブ?)と思しき場所で、両隣をヒゲで恰幅のいいスーツ姿の男たちに囲まれて、舌を出しながらVサインをするイケメン茶髪の姿が。特徴的な大きな目、舌を出したイタズラっぽい表情、裏ピースの仕草……たしかに、これは手越本人のように見える。

●NEWS手越祐也も金塊強奪事件容疑者との交遊写真が発覚

 これに対し、SNSを中心として〈金塊強奪事件の犯人たちは、過去に逮捕歴もある筋金入り犯罪集団なのに、一緒に飲み歩く手越祐也はどういう関係なんだよ〉〈反社会的な勢力と芸能界ってやっぱりつながりが太いんだな〉〈ひゃー 手越くん、イッテQで見れなくなったらやだわ〜〉〈仕組まれたか。ハメラレタか。何かの間違いと思いたいが。テレビキャラと実生活が違いすぎ〉〈芸能生命終了の危機〉などと、その関係を心配する声で溢れた。

 だが、所属タレントと金塊強奪事件の容疑者との交遊が疑われる事態となったのに、ジャニーズ事務所は手越の写真について自ら説明をおこなうことはなかった。そして、朝日新聞がこの問題を取り上げると、ジャニーズは「(容疑者と)面識はなかったが、本人も軽率だったと反省している」とようやく説明。手越は「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった。軽率だった」と話しているとし、「手越のサービス精神が裏目に出てしまった」などと釈明したのだ。

「金塊強奪事件の容疑者との交遊」という大問題に関する取材に対して一方的な見解をコメントするだけという無責任ぶり。本来ならばマスコミが大騒ぎして徹底調査や正式な説明を求めるはずだが、しかし、その後も芸能マスコミはこの問題を無視。手越がライブで「どん底」と語り、その際にちらっと騒動に触れた程度だった

 手越が金塊強奪事件の容疑者と交遊があきらかになり、かつ今回の宮迫同様、“ギャラ飲み”の疑惑さえもあったにもかかわらず、ダンマリを決め込んで写真の問題を一切追及しなかった芸能マスコミ──。もちろんその理由は、マスコミのジャニーズタブーにある。これまで熱愛や不倫、乱交、そして警察沙汰まで数多くの不祥事を巻き起こしてきたジャニーズタレントたちだが、ジャニーズ事務所の圧力、そして絶大なる影響力への忖度、自粛という構造のもと、その多くは封殺されてきたからだ。

●ジャニーズタブーでNEWS手越の金塊強奪事件容疑者との交遊は報じないメディア

 さらに手越は、ジャニーズ事務所の最高権力者であるメリー喜多川副社長のお気に入りだといわれている。手越といえば、これまで益若つばさ、きゃりーぱみゅぱみゅ、紗栄子、小嶋陽菜、柏木由紀など数多くの芸能人たちと浮き名を流してきただけではなく、昨年には「週刊文春」(文藝春秋)に未成年女性との飲酒疑惑を報じられた。その飲酒報道の前週には同じNEWSのメンバーである小山慶一郎と加藤シゲアキも未成年女性への飲酒強要が発覚し、小山は『news every.』(日本テレビ)キャスターをはじめ芸能活動を停止、加藤は厳重注意の処分を受けたが、一方で手越には何の処分もなく、日本テレビのW杯キャスターも何食わぬ顔で予定通り務めた。

 こんなことは、ジャニーズ事務所のタレントでなければ到底許されない。通常なら連日メディアでバッシングされ、W杯キャスターも降板に追い込まれていてもおかしくない事態だ。現に、手越も出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ)において、ベッキーはたかだか不倫で降板させられたまま、いまだ復帰に至っていない。

 未成年飲酒という犯罪まがいの不祥事すらなかったことにしてしまうジャニーズ事務所と芸能マスコミの癒着体質──。金塊強奪事件の容疑者との交友写真という問題が浮上しても芸能マスコミが一切無視したのは、ある意味、当然のことだった。

 今回の宮迫の事態を受け、普通ならば手越の問題についても取り上げられてもおかしくはない。あらためて手越もギャラ飲みではなかったのかということも追及されてしかるべきだろう。しかし、大手芸能マスコミでこの問題に触れている社はない。宮迫のように本来なら芸能界追放・引退まで視野に入るような重大事でも、タブーのために徹底追及をしない芸能マスコミの問題が、今回、あらためて浮き彫りになったと言えるだろう。
(伊勢崎馨)

  • 7/19 16:10
  • リテラ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • まる

    7/21 20:13

    FRIDAYは 出元は言わないだろうね。そして他の出版社も追及しないだろうね 自分達の首を締める事になるだけなのだから。

  • まる

    7/21 20:11

    最初の段階で記事になってたでしょ、逮捕者が出た事により、その会社が詐欺集団だとわかったって。普通の企業を装って詐欺を働いていたのだから 宮迫らがその時に 詐欺集団なんて知るよしもない。窃盗犯だって 窃盗後とはいえ、逮捕前。前科持ちとか街中を歩いてる人の中から選別出来る訳もない。宮迫は普通に 他の芸人もしてる直の営業をして、普通にギャラ問題対策(お車代で貰う)をしただけじゃない?

  • いち(

    7/21 19:34

    そうか、逮捕されたんだ。そら知らなんだわ。じゃ詐欺事件は解決済みだね。だったら尚更、宮迫が何をしたの? フライデーの行いは事実なら重罪やないか。

記事の無断転載を禁じます