『京アニ放火』現場での、伊藤アナの言葉に称賛の声 「泣いた」「本当にその通り」

拡大画像を見る

2019年7月18日、京都市伏見区にあるアニメ制作会社『京都アニメーション』(通称・京アニ)の第1スタジオから出火し、多くの死傷者が発生しました。

10時半ごろ、41歳の男性がスタジオでガソリンのような液体をまき、放火しました。警察の調べによると、男性は京都アニメーションの関係者ではないそうです。

3階建ての建物が燃え、スタジオ内にいた33人の死亡が確認。ほかに35人が負傷し、うち10人が重傷といいます。

『アニメファン』伊藤遼アナウンサーの現場リポートに涙

同月19日に放送された情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)では、今回の事件を特集。

自他共に認める『アニメファン』の伊藤遼アナウンサーが現場へ赴き、リポートを行いました。

沈痛な面持ちで、現場のリポートをした伊藤アナ。そして、カメラに向かってこのように述べました。

京都アニメーションの作品に、人生を豊かにしてもらいました。

私がアニメファンだから、京都アニメーションだからということではなく、世界中を豊かにしてきた人たちへこのようなことを起こした犯人に、強い憤りを感じます。

ZIP! ーより引用

伊藤アナは日本テレビがYouTubeで公開した自己紹介動画にて『アニメ愛』を披露し、京都アニメーションの代表作の1つである『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん』への熱い思いを笑顔で語っていました。

大好きな作品を生み出したクリエイターたちが亡くなり、いちファンとして心を痛めていることでしょう。

しかし、伊藤アナは今回の事件は『アニメファン』としてではなく、人として激しい怒りを覚えていることを伝えました。

33人もの人がむごたらしい方法で命を奪われ、多くの人が心身に深い傷を負ったこの事件は、許されるものではありません。

ネットで伊藤アナの言葉はまたたく間に話題になり、アナウンサーとしての姿勢を称賛する声や、同じファンとして共感する声が上がりました。

・伊藤アナの言葉から、行き場のない悲しみや怒りが伝わってきて胸が締め付けられた。

・本当にその通り。「アニメだから」ではなく、事件として酷すぎます。

・きっぱりとした口調から、報道とバラエティを混合しないプロの仕事を見た。

・伊藤アナ、ファンとして本当に苦しかったと思う。それでも仕事をまっとうする姿に泣いた。

Twitterでは『#PrayForKyoani』というハッシュタグが作られ、作品によって幸せをもらった世界中の人から応援のメッセージが寄せられています。

[文・構成/grape編集部]

出典 ZIP!

関連リンク

  • 7/19 12:32
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • オタクは怖いねぇ…

  • ムッチャ

    7/20 12:15

    献花にきて一生懸命インタビュー受けてる人がいたけど、神経疑う。人の不幸でテレビに出て嬉しいのかな?面白おかしくしようとインタビューするマスコミもゴミだけど

  • トリトン

    7/20 6:15

    意識が戻ってきて話し始めたらしいけどなんか一方的な逆恨みみたいだね小説も送ってないしここで働いてもなく自分の小説と似たのをパクったと言ってるならとんでもない奴だ、裁判なんか必要もない直ぐにでも処刑しないといけないくらいとんでもない奴だな。

記事の無断転載を禁じます