西武辻監督が“神眼”発揮! 7回までにリクエスト3度全て成功

拡大画像を見る

16日の西武対ロッテ16回戦で、西武が7回までに3度リクエストの権利を行使し、全て成功した。

7回までに3度のリクエストを全て成功し判定を覆す

■西武 – ロッテ(16日・メットライフ)

 16日の西武対ロッテ16回戦で、西武が7回までに3度リクエストの権利を行使し、全て成功した。

 2回1死一、二塁の場面で栗山がセカンドゴロを放ち併殺が完成したと思われたが、辻監督はすかさずリクエスト。検証の結果、遊撃手・中村奨の送球が一塁手・鈴木が捕球するよりも早く栗山が一塁ベースを駆け抜けていたため判定が覆り、セーフとなった。5回には金子侑、7回には木村の二盗についてどちらも一度はアウトと判定されたが、辻監督のリクエストの結果、いずれも判定が覆った。

 リクエスト制度は2018年から導入され、判定に異議がある場合に監督が審判に映像による再検証を求めることができるもの。1試合に権利を行使できるのは2回までで、判定が覆った場合は、リクエストの回数が減ることはない。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連リンク

  • 7/16 21:02
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます