久保建英とラウール 2人のレフティの開幕戦が決定!

拡大画像を見る

モントリオールでプレシーズンを行なっているレアル・マドリーのトップチームに帯同している久保建英のカスティージャ(Bチーム)開幕戦が決定した。

15日(月)、スペインサッカー連盟(RFEF)が日程を発表し、ラウール・ゴンサレス率いるカスティージャでは、8月25日にナバルカルボーンのスタジアムで行われるラス・ロサス戦でデビューを飾る可能性がある。 

公式な試合時間の決定はまだであるが、8月24日、あるいは25日にフィリアルの監督としてのラウールの公式戦デビュー戦で久保は注目の的になるだろう。 

一方で久保のマドリー移籍と安部裕葵の鹿島アントラーズからバルサへの移籍は、ここ数年ヨーロッパのリーグで勢力を拡大している日本サッカーのブームを確立している。 

ワールド・フットボール・サミット・アジア開催中に、Jリーグのチェアマンを務める村井満氏は、「我々は2030年のW杯までにベスト4に入るという長期的なプロジェクトを掲げている」と断言している。

関連リンク

  • 7/16 17:18
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます