アニメ監督の小林誠氏が喫茶店でラッカーを使用する迷惑行為で大炎上 過去には接着剤も使用か

アニメ監督の小林誠氏が喫茶店で迷惑行為。飲食店でラッカー塗料を使用し、「”飲食店”で塗装をする非常識さを反省しろ」「禁煙席でタバコ吸うのの10倍はひどい」と非難が殺到しています。

アニメ監督・モデラ―としても知られ「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」にも携わっていたという小林誠氏。そんな小林氏が喫茶店でラッカー塗料を使用したことをツイートし、大炎上しています。

小林氏は7月14日に『喫茶店で何やってんでしょうか私たち(笑』という言葉と共に、テーブルの上に所狭しと並べられたプラモデルの写真をツイート。そして『その場で塗ってしまいましたシルバーブルー。喫茶店でラッカー塗装筆塗り(笑)』と、臭いが強烈で健康被害への危険性もあるというラッカー塗料を、飲食店で使用したことを自ら明かしていました。

このツイートに「ラッカーで!? 追い出されませんか? 心配です」といったコメントが寄せられた際には、『その時はその時』と特に悪びれる様子もなく、『つかものすごい早業なのとほんの少ししか塗料を使っていないのでそれほど匂いが広がらなかったね。うちは換気扇使わないのでそのぶん臭いさせない塗り方が身についています』と、技術があるから迷惑ではないとでも言いたげなコメントをしていました。

参考記事:人の家の前で深夜にバーベキュー!? 隣人トラブル動画が大紛糾! 不動産購入は細心の注意を | TABLO

その後非難が殺到したためか、小林氏は該当のツイートを削除。しかし、ツイートのスクリーンショットが拡散され、

「いい年したオッサンどもが喫茶店でラッカー塗料!!迷惑!!」

「喫茶店でラッカー塗装とかとんでもなく非常識でもはや人間なのか疑いたくなる」

「ラッカーとかアルコールとか関係ない。”飲食店”で塗装をする非常識さを反省しろってんだ。」

「匂いやシンナーの健康被害を考えてもこれはテロ。」

「良い歳してやっていい事と悪い事の区別もつかないのか!?」

「禁煙席でタバコ吸うのの10倍はひどい」

と炎上騒ぎになっています。

ラッカー塗料はプラモデルの塗装によく使われるものの、強烈な臭いと健康被害への危険性があり、使用には十分な換気が必要だそうです。 そんなものを飲食店で使用するに至った経緯はなんだったのでしょうか。

小林氏は過去にも飲食店で『接着剤使ってたらさすがに店員から怒られた』ということをツイートしています。「店に怒られなかったら大丈夫」とも言いたげなツイートと数々の迷惑行為に、怒りの声だけでなく呆れの声も多数見受けられました。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:世間や人様に迷惑をかけて、注目を集めたいユーチューバー達について|シバター | TABLO

関連リンク

  • 7/16 14:51
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 最近はクレオスから従来の水性アクリルより塗幕が丈夫なアクリジョンが出回ってるからそっちを試すことをオススメします小林誠さん。(  ̄▽ ̄)

  • トリトン

    7/17 1:09

    あれま!またよく読んでなかったすいません。でも多分注意はされ無かったのだよね揉めたとも書いてないからこの人結構有名だからなここまで炎上したのかもね。

  • 接着剤も、塗料薄め液(いわゆるシンナー)も、リモネン系のやつ。あれイイですよね。爽やかで美味しそうなオレンジの香り(笑)。

記事の無断転載を禁じます