転倒した男性の腹部に自転車のハンドルが刺さり死亡(台湾)

拡大画像を見る

事故があったのは今月12日の早朝。南投県草屯鎮北勢湳地区の産業道路で男性が倒れていると119番通報があった。しかし救急隊員が駆けつけた時にはすでに心肺停止の状態で、男性は病院に搬送されたが助からなかった。救急隊員によれば、傷口の状態から見て転倒の際にハンドルが腹部に突き刺さったのではないかという。

事故現場は坂を下りきった地点の平坦な道路で、倒れていた自転車はT字ハンドルの右側が上を向いた状態になっていた。男性は何らかの理由で転倒した際に自転車が先に倒れ、その上に覆いかぶさる形になったため、右側取っ手部分が腹部に突き刺さったもようだ。

この場所は村外れに位置しており、現場付近に防犯カメラは設置されていなかった。さらに早朝のため人通りはなく、事故の瞬間を目撃していた人は見つかっていない。事故の詳しい原因については判明していないが、遺族は死因について申し立てることはなかったという。

画像は『ETtoday新聞雲 2019年7月13日付「產業道路騎單車自摔!草屯6旬阿伯遭「垂直手把穿腹」 濺血臥地離奇亡」(圖/民眾提供)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

関連リンク

  • 7/16 13:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • マサト

    7/16 20:52

    ああ、シールドは必須ですね。 最低でもゴーグルかサングラス、メガネ。 目は守らないと危険です。 半キャップで裸眼の人を見掛けると、他人事ながらも怖いです。

  • トリトン

    7/16 20:44

    マサトさん黄金虫ありますね特に夜間自分はフード開けていてまぶたの上に直撃そのはずみで車道と歩道の間のコンクリートに乗り上げて転倒骨折はしなかったけどハンドルのクラッチとミラーがオシャカになりました車道側にコケたらやばかったかも。

  • マサト

    7/16 20:31

    確か5年前だったと思う。 長野県の林道でオフロードバイクに乗った女性が亡くなったのは。 道の脇に生えていた木の枝が胸に刺さって転倒。 後続の仲間が通り掛かった時には既に亡くなられていたそうなので即死かと……… 自転車にしろバイクにしろ、いや、車であってもアクシデントで何かが刺さる危険はあるよな。 バイクで走っていたら喉の真下、鎖骨と鎖骨の間に黄金虫がぶつかっただけでも激痛でしばらく痣がついたよ。

記事の無断転載を禁じます