矢口真里の“旦那ちゃん”呼びはダサい? で批判されてしまう

拡大画像を見る

 6月16日に矢口真里が、自身のブログで夫にアイスを買ってもらったと報告。「冷凍庫開けたら、私の好きなアイスが沢山補充されていました」「旦那ちゃんのチョイス神」「本当にありがとう」と感謝の想いを綴った。

 昨年3月に元モデルの男性と結婚したものの、略奪不倫からの結婚でもあり、クローゼットのイメージを拭えない矢口真里。だが現在第一子を妊娠中であり、産後はママタレ界にたくましく進出していくことだろう。たとえアンチが多くとも、炎上ビジネスは成立する。さて今回、ネット上では「旦那ちゃんとかイタいからやめてくれ」「可愛いと思ってるの?」「なんかダサいしイラっとする」などと“旦那ちゃん”呼びが議論に。

 自分の夫くらい好きに呼べば良いと思うが、そもそも“旦那”という呼び方に抵抗がある人も多い模様だ。5年ほど前に「マイナビウーマン」が公開したアンケート結果では、「『ダンナ』と呼ぶことに抵抗がありますか?」という質問に44.2%の女性が「ある」と回答。理由としては、「下品な感じがする」「荒っぽい呼び方だから」といった声が寄せられていた。

 では他の女性芸能人は夫のことをどのように呼んでいるのだろうか。矢口真里と同じく“元モーニング娘。”の辻希美は、夫・杉浦太陽を“たぁくん”と呼び続けている。ブログにも、「今日は寝る直前までたぁくんが全力で子ども達と遊びまくってくれました」などと綴っている。

 夫を“あだ名”で呼んでいる芸能人といえば、アナウンサーの山崎夕貴も有名。彼女はおばたのお兄さんのことを、“たんたん”と呼んでいるという。一時期はおばたのお兄さんの“浮気”など色々あった夫婦だが、仲睦まじそうで何よりだ。



 すっかりママタレとして定着した木下優樹菜は、藤本敏史を“だぁ”呼び。父親を表す英語“ダディ”から“だぁ”に派生したらしい。また、バナナマン日村勇紀の妻となった神田愛花は、日村勇紀を“ソール”と呼ぶそうだ。最初は「ゆうき」の「ユーくん」と呼んでいたのがユーキュン、ユキュソ、ユキュソールと変化していき、最終的に“ソール”の部分が残ったのだという。あるあるだ。

 また第二子妊娠中の平愛梨は、まだ結婚前、長友佑都を“ジョカトーレ”と呼んでいることを明かしていた。ジョカトーレとは、イタリア語で“選手”という意味。今もこのように呼んでいるのかはわからないが、響きだけなら“ジョカトーレ”と“アモーレ”でお似合い。また“夫の呼び方”ではないが、フリーアナウンサー・吉田明世は夫に“イチゴオナラ姫”呼ばわりされているとラジオで告白。オナラが臭かったから命名されたというが、若干“モラハラ”っぽいところが心配だ。

 ちなみに元プロレスラー・佐々木健介のブログは、「佐々木健介の旦那ちゃんブログ」というタイトル。ひょっとしたら北斗晶は、二人きりのときには彼のことを“旦那ちゃん”と呼んでいるのかもしれない。

  • 6/26 1:15
  • messy

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます